NEWS

FIFAのブラッター会長が辞任表明 「世界中から支持されているわけではないようだ」

2015年06月02日 19時50分 JST | 更新 2015年06月02日 19時56分 JST
VALERIANO DI DOMENICO via Getty Images
FIFA President Sepp Blatter speaks during a press conference at the headquarters of the world's football governing body in Zurich on June 2, 2015. Blatter resigned as president of FIFA as a mounting corruption scandal engulfed world football's governing body. The 79-year-old Swiss official, FIFA president for 17 years and only reelected days ago, said a special congress would be called to elect a successor. AFP PHOTO / VALERIANO DI DOMENICO (Photo credit should read VALERIANO DI DOMENICO/AFP/Getty Images)

国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)が6月2日、スイスのチューリヒで緊急の記者会見を開き、会長辞任を表明した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

12月から2016年3月までの間に臨時総会を開き、会長選を行う予定だという。ブラッター会長は1998年から会長を務めている。5月27日にFIFA副会長ら複数の幹部が汚職容疑で逮捕されたばかりで責任を追及する声もあったが、同月29日の総会でブラッター氏は5選を果たしていた

ロイターによると、ブラッター会長はこの日の会見で「FIFAのメンバーからは(会長職の)委任を受けたが、世界中から支持されているわけではないようだ」と語ったという。

■アメリカ司法当局の捜査対象に 米紙報道

また、アメリカの新聞「ニューヨーク・タイムズ」電子版は2日、アメリカ司法当局がブラッター会長を捜査対象に含めていると報じた。捜査当局者は「ブラッター氏の立件に向け、起訴したFIFA幹部らの協力を得たい」と述べ、側近を含む関係者の証言が、捜査の鍵になるとの見方を示したという。

Past World Cup Winners

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています