NEWS

イギリスのエリート企業は新卒採用で「上流階級テスト」を実施する

2015年06月16日 16時48分 JST
Christopher Furlong via Getty Images
ETON, ENGLAND - MAY 26: Boys make their way to classes across the historic cobbled School Yard of Eton College on May 26, 2008 in Eton, England. An icon amongst private schools, since its founding in 1440 by King Henry VI, Eton has educated 18 British Prime Ministers, as well as prominent authors, artists and members of royal families from around the world. The school caters for some 1300 pupils divided into 25 houses each one overseen by a housemaster chosen from the senior ranks of the staff which number around 160. (Photo by Christopher Furlong/Getty Images)

イギリスのエリート企業の一部が新卒採用で「上流階級テスト」を行っており、他の階層の人々の社会進出を妨げていることが分かった。テストを実施している企業の担当者によると、同じ階層の出身者を雇うほうが効率的であることが理由だという。イギリス政府の社会階層移動・児童貧困委員会が6月14日、調査報告書にまとめた

調査はロンドンやスコットランドを拠点とする法律事務所や会計事務所、金融機関など15の企業を対象に、インタビュー形式で行われた。これらの企業の中には、出身校を絞ったリクルーティングをしていたほか、「アクセント」や「旅行に行った場所のヒアリング」などで候補者を選別していたところもあった。ある人事担当者は話し方や話の中身を採用ポイントにしていることについて、「冗談を言っても通じ合うし、相手を怒らせるリスクもなく、効率的だ」と話したという。

報告書によると、実際に、ロンドンなまりやイングランド東部のエセックス地方の発音で話す人々について、「我が社にはふさわしくない」と社内の話題にのぼるような企業もあった。ある人事担当者は、採用したある女性の話し方について、次のようにコメントしたという。

「彼女は洗練さに欠けていました。言葉の選び方や発音など、表現方法について後で話をしなくてはなりませんでした。我々はたくさんの顧客や同僚がいて、個人的な側面に注目していますから。わかりますよね」

ある法律事務所の担当者は、クライアントの信頼を得るためには、話し方が重要なポイントになると指摘している。

もちろん、一部の階層に絞って採用を行うことについて、不公平である点や、本当に優秀な人の採用機会を逃すことにもなる点を認めている人事担当者もいた。しかし、「新入社員の採用に余計な時間と費用を節約できる」として、この方法が金銭的にも効率的だと述べている。

BBCによると、社会階層移動・児童貧困委員長のアラン・ミルバーン氏は、「ありがたいことに、育ってきた背景にとらわれずに採用を行う先端企業も、私たちの国には存在します。しかし、このようなテストを行う企業が一部にあることも、また事実であり、コーヒーの香りをを嗅いだ(現実に目が覚めた)気分です」と話した。

「リッチな人たちの、クレイジーなお金の使い方」

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています