NEWS

「銃があれば助かったのに」銃乱射事件に全米ライフル協会員が書き込み炎上

2015年06月21日 01時53分 JST | 更新 2015年06月21日 01時53分 JST

「銃を持っていれば助かったのに」――サウスカロライナ州チャールストンにあるアフリカ系アメリカ人が通う教会で銃が乱射され、男女9人が死亡した事件について、全米ライフル協会(NRA)のチャールズ・L・コットン氏がインターネット上に書き込み、「炎上」した。

この事件の犠牲者の一人である、サウスカロライナ州議員で聖職者のクレメンタ・C・ピンクニー氏への批判として書き込まれた。

「もし彼(ピンクニー氏)が銃所持を認めていたら、教会にいた8人は生きていただろうに。彼の政治的なスタンスのせいで、無実の人が亡くなった」。

clementa pinckney

書き込みは現在削除されており、事件とこの書き込みについて、NRAはコメントをしていない。

ピンクニー氏は41歳。2010年から事件のあった教会で牧師を務めるかたわら、サウスカロライナ州議員として、銃規制法の整備などに奔走していた。

チャールストン 銃乱射事件

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています