Huffpost Japan

レゴブロック「2030年までにプラスチックの使用をやめます」

投稿日: 更新:
LEGO
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 27: Marli Williams, 9, plays in a Lego building area on the opening day of BRICK 2014 at the Excel Centre on November 27, 2014 in London, England. The four day event showcases creations by some of the world's best Lego builders and runs until November 30th. (Photo by Dan Kitwood/Getty Images) | Dan Kitwood via Getty Images
印刷

レゴ社は、2030年までにレゴブロックの素材にプラスチックを使うのをやめて「持続可能な新素材」に変えると発表した。

そのために、今後15年間で10億デンマーク・クローネ(約186億円)を新素材を開発するためのプログラムに投資するという。投資資金の一部は、レゴ社が2016年にデンマークにオープンする予定の「レゴ・持続可能な素材開発センター」に使われる。レゴ社はこの開発センターで100人以上の専門家を採用して、プラスチックに変わる素材を開発していく

アメリカのNBCニュースによれば、1963年以降、レゴブロックの素材には「ABS樹脂」という丈夫で弾力性に優れたプラスチックが使われてきた。現在は年間6000トンを超えるプラスチックを使用しており、2014年の1年間にレゴブロック約600億ピースが作られた。

レゴグループのオーナーのケル・キアク・クリスチャンセン氏は、これは「『未来のために地球を良くしていく』というレゴ社の目標に向けた取り組みだ」とプレスリリースの中で語っている。

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープCEOもレゴ社が環境問題に積極的に取り組んでいることを強調し「当社では、カーボンフットプリントを削減し、地球に優しい企業であるための取り組みを行っています。これまでにも、箱のサイズを小さくしたり、環境保護団体が認証した包装素材を使ったり、洋上風力発電所に投資したりしてきました。今度は環境に優しい素材の開発に力を入れていきます」と話す。

レゴブロックは世界中の人たちに愛されており、レゴ社は2015年度の世界最有力ブランドにも選ばれているが、成功の秘訣は環境問題に積極的に取り組む姿勢にもあるのかもしれない。

世界中の子供たちが(大人も)、2030年にどんな素材のレゴブロックで遊んでいるのか楽しみだ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:丸山佳伸/ガリレオ]

Close
レゴランドホテル
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

写真の「LEGO化」に必要なLEGOブロックおよびその組み合わせを教えてくれるLegoizer

レゴブロックの世界でなんでも作れる マインクラフト風ゲーム「LEGO Worlds」早期アクセス版公開

名古屋でレゴブロックの大型テーマパーク着工 「レゴランド」17年開業

日本初屋外型レゴランド、17年に開業 名古屋で着工式