NEWS

菅直人氏「政局にきな臭さが漂ってきた。8月解散説だ」

2015年07月04日 17時52分 JST | 更新 2015年07月04日 18時01分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
(FILES) This file picture taken on May 28, 2012 shows former Japanese prime minister Naoto Kan (C) speaking at a parliamentary commission in Tokyo probing the Fukushima nuclear disaster. A parliamentary probe into the nuclear disaster at Fukushima will publish its final report on July 5, 2012, and is expected to say Japan's last prime minister fanned chaos in the opening days of the crisis. AFP PHOTO / FILES / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/GettyImages)

元首相の菅直人氏(68)が7月4日、自身のブログを更新し、8月の衆院解散を示唆した。

菅氏はこの日、安倍首相について「追い込まれる前に逆襲することに味をしめている」と指摘。「安保法案が行き詰まったら正面突破を図るために解散するのではないかという憶測が永田町に流れ始めた。それに勝てば安保法制から憲法改正に一直線で向かう、安倍総理はそういう夢を描いているのではないか」と記している。

また、所属議員が「マスコミ懲らしめる」などと発言し批判を浴びた自民党の勉強会「文化芸術懇話会」にも言及。同会に出席した自民党議員の選挙区に、「超党派で『刺客』を送るべき」と持論を展開した。

政治家のあの日・あのとき・若いとき

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています