NEWS

「玉音放送」の原盤を初公開へ 宮内庁、8月上旬に【玉音盤】

2015年07月09日 15時25分 JST | 更新 2015年07月09日 15時46分 JST

宮内庁は7月9日、戦後70年を迎えるにあたり、終戦の日の昭和天皇による「玉音放送」を録音したレコードの原盤(玉音盤)を、音声とともに8月上旬に初めて公開する方針を明らかにした。これまで知られている玉音放送は戦後の連合国軍総司令部(GHQ)の複製がもとになっているとみられ、原盤そのものは同庁が保管していたという。時事ドットコムなどが報じた。

玉音盤は、玉音放送前日の1945年8月14日夜、当時の宮内省庁舎内の一室で録音された。昭和天皇がマイクに向かって「終戦の詔書」を2回読み上げ、計2組の玉音盤が完成。このうち2回目に録音した方のレコードが翌15日正午にラジオで放送された。

今回公開されるのは実際に放送された方のレコードで、時間は約4分30秒。宮内庁は原盤から音声を新たにデジタル録音したという。

時事ドットコム:「玉音放送」原盤を初公開へ=来月上旬、「聖断」の防空壕も-宮内庁 2015/07/09 12:34)

宮内庁によると、玉音盤は現在、皇室の私有物である「御物」として庁内で管理されている

宮内庁はあわせて、終戦を決めた「御前会議」が開かれた皇居内の防空壕についても、内部の写真と映像などを公開する。宮内庁は、これら音声や映像をホームページでも公開することも検討している

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

昭和天皇の生涯