Huffpost Japan

安保法案について安倍首相「国民の理解が進んでいないが、採決するかを決めるのは委員会」

投稿日: 更新:
印刷

安倍晋三首相は7月15日、衆院特別委員会で答弁し、安保法案の議論について「国民の理解が進んでいないということはこれまで答弁してきたとおりだが、採決をするかどうかは委員会がお決めになることだ」と述べた。

安保法案は15日に、同委員会で採決が行われる見込み。首相自らが国民の理解が得られていないということを認めているのにもかかわらず、委員会で採決されることを黙認した格好だ。

この日、民主党の大串博志衆院議員は、石破茂・地方創生相が14日に安保法案について「国民の理解が進んだと言い切る自信はない」と発言したことに触れ、「今日、審議を打ち切って採決を行うことはありえないと思うがいかがか」と質問。これに対して安倍首相は、「私も今まで答弁させていただいておりますように、残念ながらまだ国民の理解が進んでいる状況ではないということは、申し上げているとおりでございます」と、認めた。

しかし、大串氏からの「総理は自民党総裁であり、自民党の国会対策委員会に指示を出される立場でもある」との指摘については、「(委員会では)100時間を超える議論を行ってきた。そういう中において、いずれにいたしましても、この委員会で採決をするかということについては、これは委員会でお決めになることだ。これは従来から申し上げている通りであります」と話した。

Close
安保関連法案・国会の内と外
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

「安保関連法案」で安倍総理が犯した2つのミス|ロシアから見た「正義 ...

安保法案:安倍首相のネット番組 例え話の通信簿は? - 毎日新聞 - 毎日jp

【安保法案閣議決定】よく分かる新しい安保法制Q&A(1/4ページ) - 産経 ...

首相「決めるべき時は決める」安保法案審議打ち切り示唆:朝日新聞 ...

安保法案、採決突き進む与党 「やるほど支持率落ちる」

身内から批判も安保法案きょう強行採決へ

安倍首相の意向で強行突破=安保法制、支持広がらず不安も