anpohoan

民進党の事実上の解党によって、防衛における色分けがはっきりした。
スノーデン事件とはなんだったのか復習ポイントをおさらいします。
中谷元・前防衛相と木村草太・首都大学東京教授(憲法学)にお越しいただき、安保法制をめぐる問題点と課題を徹底討論したいと思います。
8月15日、約1年間政治報道の中心にいたSEALDsが解散した。SEALDsはなぜあれだけ注目され、一体何を残したのか。一区切りとなった今、考えていきたい。
先日、私は『SEALDs TOKAI』のメンバーと実際に会い、気になっていたことを次々と聞いた。すると…
与党側が安全保障関連法を強行採決した2015年9月の参院特別委員会で、議事録の未定稿では「速記が中断」と書かれていたのに、1カ月後の正式な議事録では「速記を開始」と加筆する過去に例のない対応したことを、野党側が問題視している。
学生団体「SEALDs(シールズ)」の活動を追ったドキュメンタリー映画「わたしの自由について」が公開される。半年の間メンバーに密着した西原孝至監督らがインタビューに応じた。
非常時における政府の権限を定める「緊急事態条項」を憲法に盛り込むべきかどうかが、改憲論議の焦点として浮上している。
テレビ報道を検証する任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」がTBSの番組スポンサーへの圧力を呼びかけているとして、同社は4月6日、「表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦で、看過できない」とする声明を出した。
民主主義って、議会制だけでは足りなくて、議会を補完する役割がデモにあると思っています。