NEWS

ドラクエ11「過ぎ去りし時を求めて」発売へ サブタイトルに堀井雄二氏の思い

2015年07月28日 20時58分 JST | 更新 2015年07月28日 20時58分 JST
YouTube / スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは7月28日、人気ゲーム・ドラゴンクエストの11作目となる「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(ドラクエ11)を発売すると発表した。対応ハードはニンテンドー3DSとPS4。どちらも同じストーリーで、オンライン形式ではなく、じっくり一人で遊べる「スタンドアロン形式」になるという。

dragon quest 11

ドラクエ11 発表会

ドラクエシリーズは、1986年に「ドラゴンクエスト」が発売されてから2016年で30周年を迎える。この日、都内で開かれた発表会では、「今、誕生30周年に向けて そしてふたたび 伝説の時が おとずれる」と新シリーズが動画で発表された。シリーズの生みの親でもあるゲームデザイナー・堀井雄二さん(61)は「30周年の思いをこめた。物語的にも、時を絡めたものになっている」とサブタイトルについて説明した。ドラゴンがこれまでの位置と反転しているロゴデザインについても、「原点回帰しつつ進化する感じ」と述べている。

yuji horii

堀井雄二さん

シリーズの音楽を手がけてきた作曲家のすぎやまこういちさんは、「堀井さんから曲の一覧表をもらったのですが、腰を抜かしました」とコメント。「堀井さんから、全部新曲で作って欲しいと言われた。命がある間には完成させたい」と意欲を見せた。

なお、これまでのシリーズ作品のサブタイトルは以下のとおり。

ドラゴンクエスト サブタイトル一覧

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています