Huffpost Japan

「原爆投下の日、7割が不正解」 NHK調査は年月日を聞く方式だった【UPDATE】

投稿日: 更新:
DOME
広島市の原爆ドーム | Kenj Ando
印刷

広島と長崎に原爆投下された日を「国民の7割が正しく答えられない」と、NHKが全国世論調査の結果を8月3日に発表した

【UPDATE】広島に投下された日を「昭和20年8月6日」、長崎に投下された日を「昭和20年8月9日」と正しく答えられた人の割合を調べたという発表だったが、NHK広報部は8月4日、ハフポスト日本版の取材に「昭和何年かを質問したわけではない」と回答した。担当者によると「昭和」と表記していた理由は以下の通り。

「世論調査では、原爆投下が何年何月何日かを尋ねた。西暦1945年と答えても、終戦の年、と答えても昭和20年を意味する回答をしていれば正答にカウントする。NHKでは西暦1945年は昭和20年と表記しているため、『昭和20年8月6日』『昭和20年8月9日』と元号で表記したのは、限られた字数での表現上の理由だった」(2015/08/04 17:00)

■NHKの世論調査とは?

NHKは6月下旬、広島市、長崎市、そして全国の20歳以上の男女を対象に無作為で抽出して電話をかける方法で調査を行った。それぞれ1000人余りから回答を得たという。その結果をNHKニュースは「原爆投下日を7割が不正解」と報じた。

まず、広島に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月6日」と正しく答えられた人は、広島で69%、長崎で50%、全国で30%でした。また、長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月9日」と正しく答えられた人は、広島で54%、長崎で59%、全国で26%でした。

NHK世論調査 原爆投下日を7割が不正解 NHKニュース 2015/08/03 4:18)

【訂正】記事タイトルが「『原爆投下の日、7割が不正解』 NHK調査は元号まで聞く方式だった」とありましたが、NHKに取材した結果、元号に特定した質問ではなかったため、タイトルの末尾を「年月日を聞く方式だった」と訂正します。

また、「昭和20年という元号まで正しく答えないとカウントされない方式だった」と説明した部分は、事実と異なるためカットします。また、「恣意的な感がハンパない」「西暦だったら正解率上がるでしょ」といったツイートを紹介していましたが、NHKへの取材の結果、こうした指摘は、事実誤認に基づくものであったため、記述をカットしました。事実確認が不十分であったことをお詫びいたします。(2015/08/04 17:00)

Close
原爆投下直後の広島
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

【被爆70年】

原爆投下めぐり円卓会議 ロシア下院議長主催

原爆投下直後の様子伝える写真展 神戸

「新型爆弾にやられました」広島城内から原爆投下の一報