NEWS

礒崎陽輔首相補佐官、「法的安定性」発言を撤回 辞任は否定

2015年08月03日 19時42分 JST | 更新 2015年08月03日 19時42分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
Yosuke Isozaki, special adviser to Prime Minister Shinzo Abe, answers a question from an opposition lawmaker at the Upper House's ad hoc committee for the security bills at the National Diet in Tokyo on August 3, 2015. Isozaki offered an apology for remarks he made that played down the compatibility of the national security bills with Japan's constitution. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

礒崎陽輔首相補佐官は3日、安全保障関連法案の参院特別委員会に招致され、「法的安定性は関係ない」と述べた自身の発言を撤回した。その上で、「今後も首相補佐官としての職務に精励していく」と語り、辞任する考えがないことを表明した。

礒崎氏は、自身の発言について「決して法的安定性全体を否定したわけではなく、国際情勢の変化を強調したかったためにそうなった」と説明。野党を代表して質問に立った民主党の福山哲郎氏は「発言の真意が国民に伝わったとは思わない。引き続き辞任を求める」と語った。

安保関連法案に対し違憲との批判が相次ぐ中、7月26日に講演した礒崎氏は「法的安定性は関係ない。我が国を守るために必要な論理かどうかを気にしないといけない」と発言。野党だけでなく、与党からも批判が出ていた。

さらに礒崎氏は、同じ講演の中で9月中旬までの法案成立を示唆したことについても、「極めて不適切であった」と陳謝した。

礒崎氏は第2次安倍政権発足時から安全保障担当の首相補佐官を務め、安全保障関連法案の取りまとめや特定秘密保護法の成立に関ってきた。[東京 3日 ロイター]

(久保信博)

【関連記事】

関連記事

安保関連法案・国会の内と外