NEWS
2015年07月29日 01時01分 JST

【安保法案】礒崎陽輔・首相補佐官が謝罪 「法的安定性は関係ない」発言

安全保障関連法案は7月28日、参院で実質的な審議が始まった。礒崎陽輔・首相補佐官が26日に「法的安定性は関係ない」と発言したことに野党側が反発。与党側からも審議への影響を懸念する声が出た。

与党側は28日の特別委員会の理事会で、礒崎氏の謝罪の弁を野党側に伝えたが、野党側は納得せず、今後の審理に影響が出る可能性もある。

朝日新聞デジタルによると、礒崎氏は7月26日に大分市での国政報告会で、以下のように述べた。

政府はずっと、必要最小限度という基準で自衛権を見てきた。時代が変わったから、集団的自衛権でも我が国を守るためのものだったら良いんじゃないかと(政府は)提案している。考えないといけないのは、我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない。我が国を守るために必要なことを、日本国憲法がダメだと言うことはありえない。

憲法解釈変更「法的安定性は無関係」 礒崎首相補佐官:朝日新聞デジタルより 2015/07/26 19:04)

安全保障関連法案は、その合憲性を巡って衆院でも議論が繰り広げられたが、議論の根幹を否定しかねない発言に、野党は反発。与党からも苦言が相次いだ。

枝野幸男・民主党幹事長は27日に「行政のイロハのイを分かっていない補佐官をいつまで使い続けるのか」と解任を求めた。公明党の山口那津男代表も「政府の側にあって対応に当たる人たちが、足を引っ張ることがないように」と不快感を表明。谷垣禎一・自民党幹事長も「きわめて配慮に欠けたこと」と批判した

NHKによると、与党側は7月28日、参院特別委員会の理事会で、礒崎氏の謝罪の弁を伝えたが、野党側は納得せず、鴻池祥肇委員長が改めて礒崎氏を注意するよう自民党に求めたという。

28日開かれた特別委員会の理事会で、自民党は、事実関係を確認したところ、礒崎氏からは「参議院での審議の進め方は参議院の判断に従うべきだと考えている。いずれにしても法案の内容を十分に議論していただくことが重要で、私の発言で、国民や委員会運営に迷惑をかけ心から反省し、おわび申し上げる」などの発言があったことを報告しました。しかし、野党側は「言語道断であり、反省の気持ちが不十分だ」などと納得しなかったため、特別委員会の鴻池委員長は自民党に対し、改めて礒崎氏を注意するよう求めました。

首相補佐官発言 おわびも野党側は納得せず NHKニュースより 2015/07/28 11:49)

Photo gallery安保関連法案・国会の内と外 See Gallery

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています