NEWS

中国で大逆流 「海嘯」が発生 濁流の河でサーフィン大会(動画)

2015年09月29日 22時43分 JST | 更新 2015年09月29日 22時48分 JST

9月28日、中国の杭州市を流れる銭塘江(せんとうこう)で波が上流へと逆流する「海嘯(かいしょう)」が発生。台風の影響で例年でも高波となる中で、レッドブルが主催するサーフィン大会が開催された。

この日の決勝では中国、アメリカ、オーストラリアの選手が参加。通常の大会とは異なって、選手はモーターボートで高波の前方に移動してスタートした。約25kmのコースを1時間かけて遡上した。

海嘯は満潮の際、河口に入る潮波の前面が垂直の高い壁状になり、砕けながら川上に進む現象。ブラジルのアマゾン川では「ポロロッカ」が有名。銭塘江では毎年、中秋の名月に合わせて発生するという。

CCTVによると、台風21号の影響で銭塘江の水位は30mも上昇。海嘯の見物客は、安全な場所に留まるように気象当局が警告していた。英紙インディペンデントによると、今回の海嘯で負傷者はいなかったが、2013年に台風と同時に起きた際には、約20人が流されてけがをしたという。

Due to a pending typhoon category 4 bearing down on us here in Hangzhou, China the 2015 Red Bull Qiantang Shoot Out was...

Posted by Red Bull Qiantang Surfing Shoot Out, Hangzhou, China. on 2015年9月28日

銭塘江の「海嘯」


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています