宮田紘次さん、34歳で死去 「犬神姫にくちづけ」「ヨメがコレなもんで。」の漫画家

投稿日: 更新:
印刷

「犬神姫(わんこ)にくちづけ」「ヨメがコレなもんで。」「ききみみ図鑑」などの個性的な作品で知られる漫画家の宮田紘次さんが10月22日に死去していたことがわかった。享年34歳。

父親の宮田浩さんのFacebookによると、死因は高血圧性脳出血だという。通夜は、27日午後6時〜7時。葬儀は28日午前11時〜12時、西東京市の大日堂斎場で予定している。

コミックナタリーによると、宮田さんは2008年にエンターブレインの雑誌「コミックビームFellows!」Vol.1に掲載された「猫でタンデム」でデビューした。その後、同社から「真昼に深夜子」「ききみみ図鑑」の単行本を発刊。

サラリーマンと宇宙人の女性との結婚生活を描いた「ヨメがコレなもんで。」や、上司とのキスで変身するOLが妖怪退治をする「犬神姫(わんこ)にくちづけ」(下写真)など、個性的な設定の作品で注目されていた。

wanko

Twitterには、働き盛りの漫画家の死を悼む声が続々と寄せられている。

Close
2015年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

ハルタ特典に入江亜季表紙のファンタジー冊子、宮田紘次「ヨメコレ」は完結

宮田紘次「ヨメがコレなもんで。」「犬神姫にくちづけ」最終巻が同時発売

宮田紘次『犬神姫(わんこ)にくちづけ』PV

宮田紘次の初連載作「ききみみ図鑑」が単行本化

宮田紘次「ヨメがコレなもんで。」発売で別カバー配布

若くて綺麗な新しいお母さんに5人兄弟がドギマギ、山田果苗のハルタ新連載

春のハルタ原画展、18作家の作品&カフェに「乱と灰色の世界」メニュー登場

ハルタで宇島葉と川田大智が新連載、帯の裏では入江亜季がこっそり新作を開始

森薫のメイドスケッチ集がハルタ付録に&「乙嫁語り」7巻も同時発売