ライフスタイル

「ごめんねと謝りながら、骨を砕く」 女子高生が、殺処分された犬のいのちをつなぐプロジェクト

2015年11月06日 00時12分 JST | 更新 2015年11月06日 00時12分 JST

inochi

「いのちの花プロジェクト」で咲いた花

青森県立三本木農業高等学校の女子高生たちが取り組む、「いのちの花プロジェクト」をご存知だろうか。

日本では、年間約13万頭の犬や猫が殺処分されている。おおよそ4分に1頭が殺されていて、その約半分は、離乳前の子犬や子猫だ。そんなペットたちの骨がゴミとして捨てられていることが見過ごせなかった女子高生たちは、骨を砕いて肥料にして花を咲かせる「いのちの花プロジェクト」を立ち上げた。

2012年にスタートしたこのプロジェクトは、2013年には「農業高校の甲子園」と言われる農業クラブの全国大会最優秀賞を、2014年には日本動物大賞のグランプリを受賞し、イギリスの愛護団体から援助を受けるなど、国内外で注目されている。

前編に続いて、「いのちの花プロジェクト」の活動を取材して『世界でいちばんかなしい花』という本にまとめたライターの瀧晴巳(たき・はるみ)さんに話を聞いた。

taki

■ごめんねと謝りながら、泣きながら骨を砕く

――「いのちの花プロジェクト」では、殺処分された動物たちの骨を、女子高生たちは手作業で砕いていったのでしょうか。

骨を砕く作業なんて、それまで誰もやったことがないわけです。いろいろ試して、結局園芸用の大きなレンガで砕くことになりました。かなり大きな骨もありますし、レンガを振り下ろすたびに骨が悲鳴をあげているようで、ぽろぽろ涙が出てくる。

hone

ゴミとして捨てられる動物たちの骨

骨を砕く作業は時間もかかるんですよ。1時間やっても、てのひらに乗るくらいにしかならない。そうして1か月の間、朝も昼休みも放課後も黙々と作業しながら、こういう目に犬や猫を追い込んだのは人間である、そして、自分も人間の一人である、と思いめぐらせていった。

だから、彼女たちは、自分たちが立派なことをしていると思っていません。どう考えても、人間の身勝手が、生きようと思えば生きられた命を、こんな目にあわせていると思っているからです。

まるで自分が殺してしまったかのように、ごめんね、ごめんね、と謝りながら、泣きながら骨を砕く。取材していて、一番胸にこたえました。

hone

骨と一緒に出てくる首輪の金具や名札

hone

骨を手作業で砕く、三本木農業高等学校の女子高生たち

■女子高生たちを支えた、周囲の大人たち

――学校活動の一環で、そんな経験を。

そうですね。「いのちの花プロジェクト」は、彼女たちが所属していた「愛玩動物研究室」の課題研究としてスタートしています。前例のないプロジェクトを実現させるために、彼女たちを支えた先生方がまた素晴らしいんですよ。

「骨を砕いて肥料にしてはどうか」とアドバイスしたのは、当時「愛玩動物研究室」を担当していた赤坂圭一先生。「十代ならではの怒りやまっすぐな思いはあった方がいい。そこからいろんなものが育つ可能性を秘めているから、そういうストレートな気持ちを自分としても大事にしたいと思ってきた」と、赤坂先生は言います。先生方や動物愛護センターの職員さん、周りの大人たちが彼女たちの思いを無にしないためのさまざまなサポートをなさったんです。

子どもたちの思いと、大人たちの思いがとても響き合っていた。若い人の真っ直ぐな気持ちをあなどってはいけないし、そこからはじまるものを、先生方もとても大事に育てていこうとされていました。

inochi

「いのちの花プロジェクト研究日誌」より

■命とは何か?

――本では、プロジェクトだけでなく、彼女たちの卒業後の進路についてもページを割かれていました。なぜですか?

プロジェクトを通して、彼女たちは「命とは何か」というそれぞれの答えをつかんでいった、そしてそれがその子の卒業後の進路、現在地にもつながっていると思ったからです。

本の中では、プロジェクトの一期生のひとり、駒井樹里称さんが「いつかこの学校に戻ってきたい」と決意表明したところで終わっていますけれど、彼女は初志貫徹して、今年、2015年4月に牛の飼育実習の先生として、三本木農業高等学校に戻ってきました。

――それは素晴らしいですね!

牛が大好きな樹里称さんは、酪農の現場でもう乳が出なくなった牛が「廃用」と言って食用の肉にされること、病気になると「淘汰」されることを知って胸を痛めます。経済効率を考えると必要なシステムかもしれない、でもつくりすぎた命やもう役に立たない命を、人間が選んで処分していいのだろうかと。青臭い考えだと笑われてもいい、「捨てていい命なんて、ない。私はそんなふうに命を選びたくない」という彼女の言葉には胸うたれるものがある。「いのちの花プロジェクト」に関わったひとりひとりに「命とは何か」という問いに対する、それぞれの思いがあって、ああ、これは命の授業だなと感じました。

■誰もが「ペット殺処分」の当事者になってしまう可能性がある

――殺処分ゼロを目指して、私たちにできることはありますか?

今ってペットブームで「人気の犬種はコレです」みたいな情報も溢れているし、その場の「かわいい」という感情につい流されそうになるけれど、命を引き受けて、まっとうさせてあげるというのはどういうことなのかを、飼う前にちゃんと考えてほしいと思います。かわいい子犬も、年をとるし、病気にもなる。犬一頭の一生の責任をもつのに、だいたい300万円かかると言われています。

「どんな命も、それぞれの命をまっとうできるように、そこから考えていくしかない」というのは赤坂先生の言葉ですが、本当にそれに尽きるなと。

愛護センターにペットを連れてくる人たちは、無責任な人ばかりではないんです。不況のあおりを受けて家を売ることになって、もう大型犬が飼えなくなったとか、ペットが病気で懸命に治療したけれど医療費が高額になり過ぎたとか、自分が病気になって飼いきれなくなってしまったとか。みんな飼い始めたときには、自分にそんなことが起こるなんて想定していなかったんです。

いま自分はペットをかわいがっているし、関係ないと思っている人も、いつか当事者になってしまう可能性は少なからずあると思います。

inochi

■保護犬、保護猫の里親になることを選択肢に

――動物を飼う前に、命をまっとうさせてあげられるか、しっかり考えることが大事ですね。

保護犬や保護猫の里親になることも、もっと一般化するといいなと。

子猫はかわいいから、貰い手がすぐ見つかると思うかもしれませんが、2013年に殺処分された離乳前の子猫は6万匹近くいます。

漫画家の西原理恵子さんは、保護犬だったゴールデンレトリバーを引き取って飼っていらっしゃるんですが、甘えん坊のとてもいい子なんですよ。ぜひ選択肢の一つとして、ごく当たり前に、保護犬、保護猫を引き取るのもありだね、となってくれるといいですね。

瀧晴巳(たき・はるみ)
フリーライター。インタビュー・書評を中心に活躍。語りおろしの取材・構成を手がけた本に、吉本隆明著『15歳の寺子屋 ひとり』、西原理恵子著『この世でいちばん大事な「カネ」の話』(西原理恵子)、小川洋子・平松洋子対話集『洋子さんの本棚』、ヤマザキマリ著『国境のない生き方 私をつくった本と旅』、上橋菜穂子との共著に『物語ること、生きること』など。

最新刊は、『世界でいちばんかなしい花 それは青森の女子高生たちがペット殺処分ゼロを目指して咲かせた花』(ギャンビット)。女子高生、教師、獣医師など、魅力的な「いのちの花プロジェクト」関係者たちの言葉から「いのちの物語」が浮かび上がるノンフィクション。
hana

(聞き手 波多野公美)

しばいぬ 嗚呼かわいい。かわいい。

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています