Huffpost Japan

毛利甚八さん死去 「家栽の人」漫画原作者

投稿日: 更新:
KASAINOHITO
小学館
印刷

家庭裁判所判事を主人公にした漫画「家栽の人」原作者の毛利甚八さん(本名・毛利卓哉さん)が11月21日、食道がんで死去した。57歳。

朝日新聞デジタルによると、葬儀は近親者で営まれたという。

kasai

日弁連の裁判員漫画を持つ、漫画「家裁の人」で知られる原作者の毛利甚八さん(東京都千代田区の弁護士会館) 撮影日:2006年03月08日

雑誌ライターなどを経て1987年から「家栽の人」の原作を担当した。植物を愛する家裁判事が少年事件に向き合い更生に努めるストーリーが人気を集め、テレビドラマにもなった。

毎日新聞は、少年院での篤志面接委員や、少年事件の厳罰化に反対していた生前の活動を伝えている。

ルポライターとして民俗学者、宮本常一の足跡を追う一方、2001年に豊後高田市に移住。篤志面接委員として地元の少年院でウクレレを教えながら、毎日新聞で少年問題に関する「さかさメガネ子ども論」や「育ち直しの歌」(西部本社版)などのエッセーを連載。少年事件の厳罰化の流れに反対し、少年院などを通した更生の可能性を発信し続けた。

訃報:毛利甚八さん 57歳=漫画「家栽の人」原作者 - 毎日新聞より 2015/11/23 18:34)

2015年10月に出版された著書「『家栽の人』から君への遺言 佐世保高一同級生殺害事件と少年法」で、末期がんにかかっていることを公表していた。

Close
2015年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

漫画原作者の毛利甚八さん死去 「家栽の人」:朝日新聞デジタル

「家栽の人」原作者 毛利甚八さん死去 NHKニュース - NHKオンライン

作家、漫画原作者の毛利甚八氏死去