Huffpost Japan

家の中で一番偉いのは愛犬 それがわかる21のサイン

投稿日: 更新:
印刷

愛犬は自分に従順だと信じているあなた。お気付きだろうか。実際のところ、世界は犬を中心に回っている。

 


よく考えてみて欲しい。あなたが一生懸命働いて料金の支払いをしている間、かわいい愛犬は優雅な生活をしていないだろうか。

この21の危険信号リストをチェックすれば、本当の主人は誰かがわかるだろう。

こんなことを伝えるのは大変心苦しい。でもいつかは知らなければいけないことだ。あなたは愛する犬の支配の下に生きている。 

1. 犬用のベッドや毛布が、ほぼ全ての部屋に置かれている。

2. 家が、ファブリーズと犬が混ざった匂いになっている。

3. いくら掃除をしても、窓ガラスの表面にはいつも犬の鼻や舌の跡がある。

4. アンティークの敷物は、犬の噛むおもちゃになってしまった。

5. テーブルと椅子に犬が噛んだ跡がたくさん残っている。もはや模様のようだ。

6. 便器の中に水がほとんど入っていない(犬が飲んでしまった)。



7. 散歩の時間に合わせてスケジュールを決めている。

8. 飾ってある写真すべてに、犬が写っている。

9. 掃除をすると、人間の髪より犬の毛の方が多く取れる。



10. 人間の食料雑貨と同じくらい、犬のエサにお金をかけている。

11. 黒い服には、コロコロが欠かせない。

2016-01-20-1453263295-6033494-0120kk.jpg

12. 家に人間が誰もいなくてもテレビを付けっぱなしにしている。犬のために。動物番組がお気に入りだ。



13. チョコレートは絶対にテーブルに置かない。

14. 家に招いた友達が、犬のおもちゃにつまずいて転びそうになる。

15. ベッドの半分は、犬のためのスペースだ。

16. 食べ物を落としても、すぐに掃除しない。犬が食べてくれるからそのままにしておく。

17. 家のあちこちに靴下や下着が散らばっている。

18. クリスマスツリーの下に、毎年ひとつは骨型の飾り物が置かれている。



19. 全てのコートのポケットに、フンを入れるビニール袋が入っている。

20. きざんだ鶏肉がいつも冷蔵庫に入っている。犬の大好物だから。

21. 一日で一番心が安らぐ時間。それは家に帰って大好きな犬に迎えられる時だ。



この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
動物たちの「自撮り」画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

ニューヨークに「駐犬場」が出現!

トイプードルが警察犬に合格 殺処分免れ、訓練実る

保護犬「モナカ」、命救う側へ 徳島、災害派遣用に猛特訓