NEWS

リオのカーニバル、ジカ熱にもひるまず最高潮に【画像集】

2016年02月08日 17時01分 JST
Brazil Photo Press/CON via Getty Images
RIO DE JANEIRO, BRAZIL - FEBRUARY 06: A woman of the Caprichosos de Pilares samba school performs during the second day of parades as part of Rio Carnival 2016 at Sapucai Sambadrome on February 06, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Vanessa Carvalho/Brazil Photo Press/LatinContent/Getty Images)

ブラジルの真夏の祭典、リオデジャネイロのカーニバルは2月7日、12のトップチームが登場して最高潮を迎えた。8月のリオ・オリンピックに向けて世界の注目が集まる中、大胆な衣装に身を包んだダンサーらがサンバのステップを披露した。共同通信などが伝えた。

ブラジルでは、蚊を媒介とする感染症ジカ熱が流行。妊婦の感染と新生児の小頭症との関連も指摘されるが、7万人余りを収容する専用会場サンボドロモには多くの人が詰め掛けた。サンボドロモは、五輪でマラソンの発着点やアーチェリー会場としても使われる。
 
リオのカーニバル最高潮 - 共同通信 47NEWSより 2016/02/08 10:57)

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

リオのカーニバル【2016年】


パレード開始に先立ち、聖火トーチをイメージした巨大な山車やオリンピックのマスコットも会場に登場し、雰囲気を盛り上げた

5日に始まったカーニバルは、9日まで続く。リオ市当局は100万人超の観光客が押し寄せる、同市に及ぼす経済効果は約30億レアル(約899億円)近くと見込んでいる

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

リオのカーニバル2015 開幕式