Huffpost Japan

桐山秀樹さん死去、「糖質制限ダイエット」の伝道師

投稿日: 更新:
印刷

「糖質制限ダイエット」に関する著作や「おやじダイエット部」の活動で知られるノンフィクション作家の桐山秀樹さんが2月6日、都内のホテルで急死していたことが15日、分かった。62歳。桐山氏の妻で文芸評論家の吉村祐美さんが、公式Facebookで報告した。

吉村さんによると、死亡推定時刻は6日午前9~10時ごろで、死因は心不全。ホテル関係者によると、出かける様子で、ベッドの上で倒れていた。

故人ならびに遺族の遺志により、近親者のみの密葬が8日に行われた。後日、お別れ会を開く予定だという。

吉村さんの報告とともに、「おやじダイエット部」のメンバー小林将之さんも「亡くなる前夜まで、本当に元気でした」などとして、以下のようにコメントした。

糖質制限が原因で亡くなったのでなく、
心不全・急性心筋梗塞で亡くなったのが、
診断書からも明らかです。
(中略)
桐山先生の死によって、
糖質制限へのいろいろな憶測をよんでいるようですが、
糖質制限食が、糖尿病の食事療法の一つである事実は、
変わらないです。

桐山秀樹氏 公式Facebookページより 2016/2/15)

桐山さんは、1954年愛知県名古屋市生まれ。学習院大学法学部卒業後、雑誌記者を経てフリーランスに。『ホテル戦争』などの著作で知られる。2010年に糖尿病と診断されたことをきっかけに「糖質制限食」を実践し20キロ超におよぶ減量に成功。その体験を著作などで発表し、「糖質制限の伝道師」として知られていた。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
2015年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています