Huffpost Japan

ジミ・ヘンドリックスをお琴で弾いてみた【動画】

投稿日: 更新:
印刷

ジミ・ヘンドリックスの「Voodoo Child」が、素晴らしい演奏で1500年の時をさかのぼった。

演奏しているのは、韓国人ミュージシャンのルナさん。「伽耶琴(かやきん)」と呼ばれる、韓国独特の古楽器でロックだぜ。

伽耶琴は6世紀につくられた弦楽器で、中国の古筝、日本の琴、モンゴルのヤトガ、そしてベトナムのダン・チャインとつながりがある。

ルナさんによれば、伽耶琴は小さな部屋で演奏されるように設計されているため、音は小さめ。しかし、現代音楽を演奏するのが好きな彼女は、ギターやベース、ドラムのサウンドに合うよう、自分の伽耶琴を改造してしまった。クラウドファンディングプラットフォーム「Patreon」にルナさんは、「ボリュームと圧力を高めて新しい音程をつくり、音が持続するようにしました」とつづっている。

また「伝統的な楽器で現代音楽を演奏するのは簡単ではありません。最初に比べればだいぶ上達しましたが、まだまだ先は長いです」とも書いている。

2013年にYouTubeに投稿されたこの動画は最近になって注目を集めるようになり、再生回数は現在410万回にのぼる。

ルナさんはこの7年間、ヘンドリックス以外にも、エルヴィス・プレスリーや、デヴィッド・ボウイ、アデルなどの曲もカバーしている。

エルヴィス・プレスリー:ラヴ・ミー・テンダー

デヴィッド・ボウイ:スペイス・オディティ

アデル:ハロー

レディオヘッド:クリープ

レッド・ツェッペリン:天国への階段

これ以外の曲も、ルナさんのYouTubeFacebookTwitterで見てみよう。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
懐かしのポップ&ロックスター、あの人は今(60's特集)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

ジミ・ヘンドリックスの元住居、英ロンドンで公開

ジミ・ヘンドリックスのロンドンの自宅、ミュージアムとして一般公開へ