Huffpost Japan

TERUさん「保育園落ちた日本死ね」ブログに賛同 その理由は?

投稿日: 更新:
TERU GLAY
URAYASU, JAPAN - JUNE 14: TERU of GLAY performs on stage during MTV Video Music Awards Japan 2014 at Maihama Amphitheater on June 14, 2014 in Urayasu, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage) | Jun Sato via Getty Images
印刷

人気ロックバンドGLAYのボーカル、TERUさん(44)が2月26日、話題の匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」について、Twitterで「僕はこの女性を支持します」と投稿した。

このブログは、保育園に申し込んだものの落選したブロガーが「一億総活躍社会じゃねーのかよ」「子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?」「どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ」などと、待機児童問題に対する憤りをつづったもの。ネット上を中心にこの訴えに共感が集まり、テレビ朝日系「報道ステーション」など報道番組でも取り上げられた。

TERUさんは「政府には本気で考えて欲しい問題です」などと次のような投稿をした。

このTwitterを見たユーザーからは多数の意見が投稿されている。保育士をしているという人は「TERUさんみたいに声の大きな人に関心を持って頂いてて嬉しいです!」と賛同したり、他にも「私は 保育士で時々パートで保育園手伝いに行きますが とにかく保育士の給与は低いです。男性は家族を食べさせられるお給料ではありません。命を預かる大変な仕事なのに…」との投稿があった。

一方、「お気持ちは分かりますが、私は支持できません。日本の育児所は世界随一の多さです。そしてもっとも安いと言えます。保育所も急速的に数を増やしています」などと匿名ブログに否定的な意見もあった。

この問題については、漫画家の小林よしのりさんも自身のブログで「わしは安倍政権よりも、日本の未来を思う。子供たちの未来を思う」などと匿名ブログに共感の意を示している。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
GLAY
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

大渕愛子さん「長男の保育園入園あきらめました」とブログでつづる