NEWS

江戸家猫八さん死去、66歳 演芸家、声帯模写で活躍

2016年03月31日 17時44分 JST | 更新 2016年03月31日 20時10分 JST
時事通信社

ウグイスなどの声帯模写を得意とした演芸家・四代目江戸家猫八(えどや・ねこはち、本名・岡田八郎)さんが3月21日、進行胃がんで死去した。66歳だった。落語協会が31日に発表した。

猫八さんは1949年生まれ。68年に玉川学園卒業後、父の故・三代目江戸家猫八に弟子入りし、初代江戸家小猫を名乗った。得意の声帯模写でテレビや舞台で親子共演することも多かった。09年に四代目江戸家猫八を襲名した

NHKニュースによると、2016年に入ってからも高座やテレビに出演していたという。

■「もう超絶妙技を見られない」悼む声ひろがる

Twitterでは、猫八さんの妙技を惜しむ声や、誠実な人柄を偲ぶ声があがっている。