Huffpost Japan

【元アイドル刺傷】 「助けて、キャー」本人が通報、警察が位置情報を確認せず別の場所へ

投稿日: 更新:
TOMITA MAYU
冨田真由さん | 冨田真由オフィシャルブログ「Living.」
印刷

東京都小金井市で5月21日、芸能活動をする私立大学生の冨田真由さん(20)が刃物で刺され重体となった事件で、冨田さん自身が目撃者よりも約1分早く、110番通報していたことがわかった。通話中に岩埼友宏容疑者(27)に襲われたとみられており、電話は10分間つながったままだった。産経ニュースなどが報じた

しかし、NHKによると、警視庁は携帯電話の位置情報を確認せず、冨田さんの自宅へ向かっていた。

目撃者からの「女性が刺されている」という通報は21日午後5時6分にあった。その約1分前、冨田さんは自身の携帯電話から110番通報していた。毎日新聞は「助けて、キャー」と悲鳴を上げていたと伝えている。

同紙によると、事件前に、冨田さんからストーカー被害の相談を受けていた警視庁武蔵野署は、通報にすぐ対応できるようにシステムに冨田さんの名前や自宅住所、電話番号を登録していた。冨田さんからライブがあるとの相談を受け、ライブ会場を管轄する小金井署に対応を依頼していた。

ところが、110番通報の電話を受けた警視庁通信指令本部は、携帯電話の位置情報を確認する操作をせずに、冨田さんの自宅を管轄する武蔵野署に警察官を自宅へ急行させていたという。手順を間違ったミスにより、現場への警察官の到着が遅れた可能性がある。