Huffpost Japan

大学ランキング、東大がアジア首位から陥落 トップはどの大学?

投稿日: 更新:
印刷

イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は6月20日(日本時間6月21日)、中東を含むアジア地域の大学のランキング・トップ100(2015年版)を発表した。2013年の発表開始以来、3年連続で首位だった東京大学は7位に順位を下げた。2015年は9位だった京都大学も11位だった。上位100校に入った日本の大学は、2015年より5校減少し、14校となった。

rankings

THE誌は、教育内容や研究論文の引用頻度、外国人留学生の割合などをもとにランキングを作成した

1位はシンガポール国立大学、2位はシンガポールの南洋理工大学と中国の北京大学となった。中国は上位100校以内に、日本を上回る22校がランクインした。ランキングについてTHE誌は、「ここ5年間での大きな変化は、中国の台頭と日本の相対的な位置の低下だ」という分析を紹介。シンガポールや中国が教育機関への投資を増加させ優秀な人材を集める中、「日本の大学は20年間にわたって資金の制約を受けており、世界の大学との競争や国際化のための支援が少ない」と投資の少なさを指摘した。

■アジア大学ランキング・トップ20(THEのサイトから)

1 シンガポール国立大学

2 南洋理工大学(シンガポール)

2 北京大学(中国)

4 香港大学

5 清華大学(中国)

6 香港科技大学

7 東京大学

8 ポハン(浦項)工科大学(韓国)

9 ソウル大学

10 韓国科学技術院(韓国)

(以下、トップ100入りした日本の大学

11 京都大学

23 東北大学

24 東京工業大学

30 大阪大学

34 名古屋大学

46 筑波大学

48 九州大学

49 北海道大学

52 首都大学東京

59 東京医科歯科大学

73 広島大学

97 東京農工大学

99 大阪市立大学

【関連記事】

▼画像集が開きます▼

Close
東京大学本郷キャンパスの構内遺跡
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡