NEWS

シンガポール航空機でエンジン火災、引き返したチャンギ国際空港で(動画)

2016年06月27日 00時25分 JST | 更新 2016年06月28日 01時43分 JST
ASSOCIATED PRESS
This image provided by Lee Bee Yee shows an engine on fire on a Singapore Airlines flight on Monday, June 27, 2016. A Singapore Airlines statement said the Boeing 777-300ER was on its way to Milan when it turned back "following an engine oil warning message." It says the aircraft's right engine caught fire after Flight SQ368 touched down more than four hours after takeoff. (Lee Bee Yee via AP)

シンガポール発ミラノ行きのボーイング777型シンガポール航空(SIA)機が6月27日午前7時(現地時間)ごろ、エンジントラブルで引き返したチャンギ国際空港でエンジン火災を起こした。乗客は無事という。NHKニュースなどが報じた。

火災があったのは、SQ368便、ボーイング777−300ER型機。離陸から約2時間後、エンジントラブルのため引き返すとのアナウンスがあり、午前6時50分(現地時間)頃、右エンジンから発火した。乗客222人、乗員19人は全員避難して無事だった。

シンガポールの地元テレビ局、チャンネルニュースエイジアはTwitter上に乗客提供の映像を掲載。激しく燃え上がる炎が収められている。

関連記事

飛行機の窓から見た風景