Huffpost Japan

海外に住んでみたいけどお金がない? 安く住める11の街をお勧めします

投稿日: 更新:
印刷


ラトビアの首都リガは、住むのに最高の場所かも

海外で暮らしてみたいと思っていても、費用がネックになって諦めてしまっていないだろうか? だけど、世界は広い。お金の心配をせずに住める街だってあるはず。

そこで、コンサルティング会社のマーサーが作った「生活費ランキング」を基に、外国人が安く生活できる街を探した。これは、世界の209の主要都市で、外国人が生活するためにかかる費用を比較し、ランク付けしたレポートだ。

家賃、食費、映画代などを元にまとめられたこのレポートは、海外に従業員を派遣する企業のために作られた。しかし、海外移住を夢見る人たちにも役立つ。

209都市のうち、生活費が安かった都市上位半分の中から、移住にオススメしたい11の都市をご紹介しよう。

住みやすくて、お財布に優しい街とは…。

1. フランス・リヨン

リヨンは、マーサーのレポートで132位だった(ランキングが低い=生活費が安い)。フランスで3番目に大きい都市で、特に美食の街として知られている。食べるのが大好きな人にお勧めだ。

2. ポルトガル・リスボン

ヨーロッパに詳しい人にお気に入りの街を聞くと、大抵はリスボンを挙げるだろう。旅行サイト「Price of Travel」では、「他の似たような都市と比べて、リスボンは圧倒的に費用が安い」と紹介されている。

3. ニュージーランド・ウェリントン

ニュージーランドに住みたいと思っている人に、ウェリントンは最もお勧めの場所だ。歩いて移動できるし、無料で参加できるイベントがたくさんある。

4.ラトビア・リガ

2014年に、欧州文化首都に選ばれたリガは、生活費も安い。海外移住情報サイト「Expatistan」によれば、標準的な家賃は1カ月500ドル(約5万1000円)以下だ。

5. チェコ・プラハ

チェコは美しいだけではなく、お財布にも優しい街だ。ストリート・フードで安い食べ物を買い、息をのむほど美しい建築を鑑賞するなど、ほとんどお金をかけずに楽しめる。

6. カナダ・オタワ

オタワは、マーサーが調査したカナダの都市の中で、最も生活費が安い街だった。昔の風情を残すこの街は、住みやすくてカナダでは一番のお勧めだ。

7. チリ・サンティアゴ

南アメリカで一番のお勧めは、サンティアゴだ。この街には、独特の文化をもったコミュニティがたくさんあるので、きっとお気に入りの場所がみつかるだろう。

8. ベトナム・ハノイ

成長を続ける東南アジア。中でもハノイは、安価で刺激的な日常を味わえる。 ランチにかかる費用は約2ドル(約204円)だと、Expatistanで紹介されている。

9. 北アイルランド・ベルファスト

ベルファストは、多くの中央アメリカの都市よりも安く暮らせる。歴史的な建造物も多く、無料で楽しめる

10. 南アフリカ共和国・ケープタウン

ビーチが好きな人は、ケープタウンに移住しよう。天国のような生活を送れるだろう。自然にあふれ、アートな雰囲気もある多文化都市だ。

11. ブルガリア・ソフィア

ソフィアという都市名は、あまり耳にしたことがないかもしれない。だけど実は食べ物が美味しくて、自然が楽しめ、街の人たちがとてもフレンドリーな場所だ

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
世界の行ってみたい場所
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png