Huffpost Japan

大阪・東住吉の小6女児焼死事件、母親と内縁の夫に再審無罪

投稿日: 更新:
印刷

大阪市東住吉区で1995年に起きた小学6年生女児の焼死事件を巡る再審公判で、大阪地裁は、母親の青木恵子さん(52)と、内縁の夫で同居していた朴龍晧(たつひろ)さん(50)に無罪判決を言い渡した。

aoki
再審で無罪判決を受け、涙を拭う青木恵子さん=10日、大阪市北区

2人は保険金目的の殺人や放火などの罪に問われており、実行犯とされた朴さんの捜査段階の自白が有罪判断の柱となり、2006年に最高裁で無期懲役が確定していた。朝日新聞デジタルによると、死刑か無期懲役が確定後、再審で無罪になったのは戦後9件目。検察側は上訴権を放棄する方針で、逮捕以来21年ぶりに2人の無罪が確定する。

毎日新聞によると、判決は出火原因は「キャップから漏れたガソリンが気化して車庫の風呂釜の種火に引火し、自然発火したという可能性は合理的だ」と認定。青木さんと朴さんの自白を「取調官の誘導で虚偽の自白を促された」と任意性、信用性を否定した。

▽出火原因は自然発火の可能性が合理的

▽過度な精神的圧迫を加える取り調べが認められ、青木さんと朴さんの自白の証拠能力はない

▽青木さんと朴さんの自供書などを証拠から排除する

大阪女児焼死:再審 母親に無罪判決 地検は上訴権放棄へ - 毎日新聞より 8月10日 13時45分)
【事件の経緯】
1995年7月22日大阪市東住吉区の民家車庫から出火、入浴中の小学6年生・青木めぐみさんが焼死
1995年9月10日大阪府警、青木恵子さんと朴龍皓さんを現住建造物等放火と殺人容疑で逮捕
1995年12月19日大阪地裁で初公判。2人は全面否認
1998年11月24日地裁公判で弁護側証人の技術士「自然発火の可能性が高い」と証言
2005~2006年弁護団の依頼で再現実験を実施。「車庫の車の給油口からガソリンが気化し、風呂釜の種火に引火した」との見解
2006年12月11日最高裁、上告を棄却。2人の無期懲役が確定
2009年7月・8月2人が再現実験を新証拠として、大阪地裁に再審請求
2012年3月7日大阪地裁、「自白の信用性に疑問がある」として再審開始を決定。検察側は即時抗告し審理は高裁へ
2013年5月27~29日検察側が燃焼実験を実施。捜査段階の自白と矛盾し「放火は不可能」との結果に
2015年10月23日大阪高裁、地裁の再審開始決定を支持。2人は26日に20年ぶり釈放
2016年4月28日大阪地裁で再審初公判。検察側、有罪主張を取り下げ
2016年8月10日大阪地裁、2人に無罪判決