ライフスタイル

「空中に浮かぶガラスのレストラン」こんな場所、今までなかった(動画)

2016年09月07日 19時10分 JST | 更新 2016年09月07日 19時12分 JST

アーキデイリーに掲載された記事を翻訳しました。

ニューヨークを拠点とするビッグ・フット開発が、「空中に浮かぶレストラン」の計画を明らかにした。その名も「フローティングレストラン」。ニューヨークを流れるハドソン川にある、グレンウッド発電所の煙突から、四角いガラスのレストランがつり下げられる。これまで見たこともないようなレストランだ。

この場所は、周りを森や川に囲まれている。景観への影響を最小限に押さえながら、自然と建築との融合を目指す。

ガラスのレストランを支えているのはスチール製のケーブルだ。遠くから眺めると、まるで川の上に浮かぶ宝石のように見える。

空中に浮かぶレストランから、川や古い発電所を眺めながら食事をするのはどんな気分だろう。完成まで、動画を見て楽しもう。

▼画像集が開きます▼

NYの空中に浮かぶレストラン

画像集が見られない方はこちら

In partnership with ArchDaily.

archdaily