Huffpost Japan

エアレースのパイロット、滑走路であわや交錯、文字通り「首が飛ぶ」寸前に(動画)

投稿日: 更新:
印刷

こんなに接近することはそうそうない。

ネバダ州リノで9月18日に開催された「ナショナル・チャンピオンシップ・エアレース」で撮影された動画には、危うくパイロットの首が飛ばされそうになる、恐ろしい瞬間が映っている。

レース専用機「ホット・スタッフ」を操縦するトム・リチャードさんはレース前、エンジントラブルで滑走路上で止まっていた。リチャードさんはキャノピー(操縦士を風圧から守る透明なカバー)を開け、シグナルを送ってまわりに状況を伝えたが、すべての参加者に伝わった訳ではなかった。

別の飛行機が音を立てながら、リチャードさんの頭上を飛んできて、髪の毛をかすった。

「衝撃で180度近く回転しました。超高速でティーカップのアトラクションに乗っているような感じでした」と、リチャードさんは語った。「あと4フィート(約120㎝)左にずれていたら、ミンチになっていました」

運よくどちらのパイロットも無傷だった

恐ろしい出来事だったが、リチャードさんはすぐにコックピットへ戻りたいと語っている。

「私は一歩踏み出します。踏み出すのは危険なこともありますが、その先へと行くことができるからです」とリチャードさんは語った。「エアレースも同じです。私はまた戻ってきます」

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
世界一危険なビーチ 写真集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)