Huffpost Japan

17歳・畑岡奈紗、アマチュアで国内メジャー初優勝 どんな選手?【女子ゴルフ】

投稿日: 更新:
HATAOKA
アマチュアで史上初の国内メジャー大会優勝を果たし、笑顔で優勝杯を掲げる畑岡奈紗=2日、栃木・烏山城CC二の丸三の丸 | 時事通信社
印刷

女子ゴルフの国内メジャー第3戦、日本女子オープンは10月2日、烏山城CC二の丸・三の丸(栃木県)で最終ラウンドがあり、アマチュアの畑岡奈紗(17、茨城・ルネサンス高3年)が通算4アンダーで、初優勝を果たした。

朝日新聞デジタルによると、アマチュア選手の国内メジャー優勝は史上初。

前日の16~18番ホールで3連続ボギーを叩いたのが響き、5位スタートとなった最終日だが、10・12・13番でバーディーを決めるなど、後半に勢いに乗った。難易度の高い最終18番でも冷静にパットを決めバーディーとし、4アンダーで単独首位に立って後続を待った。

hori

2位タイでスタートし、ツアー初優勝を狙った20歳の堀琴音は、前半を終えて首位に立ったが、通算では3バーディー3ボギー。プレーオフがかかった最終18番の3打目でパットを決められず、1打差の3アンダーで優勝を逃した。

nagano

3日目を終わって首位に立っていた、やはりアマチュアの15歳・長野未祈(千葉・麗沢高1年)は、6番でダブルボギーのほか、計6ボギーと最終日に失速し、10位タイに終わった。

■高校3年生、名前の由来はNASAから

畑岡奈紗は、ゴルフダイジェストによると「前人未到のことをするように」と、アメリカ航空宇宙局(NASA)にちなんで名付けられた。ゴルフ場勤務の母親の影響で11歳でゴルフを始めたが、本格的に始めたのは中学3年で、中嶋常幸が指導する「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」に入門した。

高校2年だった2015年にはIMGA世界ジュニアゴルフ選手権で個人、団体ともに優勝。国体でも優勝するなど、若手の注目株でもある。

haytaoka
首位でホールアウトした畑岡奈紗(右)。左はキャディーを務めた母・博美さん=2日、栃木・烏山城CC二の丸三の丸

優勝を決めた後のインタビューで畑岡は「信じられないです」と話した後、4日間、キャディーを務めた母への感謝を述べた。

4日間かついでくれたので、本当にありがとうと言いたいです。回りの方に感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいです。

▼画像集が開きます▼

Close
堀琴音 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡