Huffpost Japan

ボブ・ディラン、ノーベル文学賞に選ばれた男。その魅力を伝える8枚の秘蔵写真

投稿日: 更新:
印刷


ボブ・ディラン、ニューヨークのアパートメントにて。1963年2月 (c)DON HUNSTEIN/COURTESY PETER FETTERMAN GALLERY

ボブ・ディランは初めてノーベル文学賞に選ばれたミュージシャンとなった。選考委員のスウェーデン王立科学アカデミーはディランを選出した理由を「アメリカの楽曲の伝統の中に、新しい詩的な表現を生み出してきた」として、作家たちの間では驚きの声が上がった(少なくともTwitterでは)。

ディランはこれまでにも、グラミー賞、ゴールデン・グローブ賞、オスカー賞、ピューリッツァー賞特別賞、アメリカ大統領自由勲章、ケネディ・センター名誉賞など多くの賞を受賞している。そんなボブ・ディランの象徴的ともいえる8枚の写真を紹介しよう。

これらの写真は、20世紀の古い写真が最も多く所蔵されていると言われる、カリフォルニア州サンタモニカのピーター・フェッターマン・ギャラリーの厚意により提供してもらったものだ。撮影したのはドン・ハンスタイン、ジェリー・シャッツバーグ、ジョン・コーエンで、撮影された時代はディランの音楽が最も注目されるようになった1960年代の写真だ。変わらない彼のスタイルを見てほしい。

ボブ・ディラン、ニューヨークにて。1965年1月 (c)DON HUNSTEIN/COURTESY PETER FETTERMAN GALLERY

■60年代のプロテストソング、ヒッピー文化

ディランは1941年、アメリカ・ミネソタ州生まれ。1950年代後半からアコースティック・ギターを抱えてフォークシンガーとして活動を始めた。20歳でレコード・デビュー。1963年に発表した「Blowin' In The Wind」(風に吹かれて)を、人気フォーク・トリオのピーター・ポール&マリー(PPM)がカバーして世界的に大ヒットし、一躍有名になった。

アメリカの公民権運動や、ベトナム戦争への厭戦気分が高まった時代、反体制的なプロテストソングの寵児として人気を不動のものにした。本人のドラッグ使用や、時代の雰囲気や周囲に迎合しない発言なども相まって、伝統や制度など既存の価値観にとらわれない生き方を追求する「ヒッピー文化」の先駆けともなった。


ボブ・ディランと当時の恋人スーズ・ロトロ。1960年 (c)DON HUNSTEIN/COURTESY PETER FETTERMAN GALLERY


ボブ・ディラン。ニューヨークにて。1963年8月 (c)DON HUNSTEIN/COURTESY PETER FETTERMAN GALLERY


(c)JERRY SCHATZBERG/COURTESY PETER FETTERMAN GALLERY 1965

DON HUNSTEIN/COURTESY PETER FETTERMAN GALLERY 1963


JERRY SCHATZBERG/COURTESY PETER FETTERMAN GALLERY 1965


JOHN COHEN/COURTESY L PARKER STEPHENSON PHOTOGRAPHS AND PETER FETTERMAN GALLERY 1962

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・編集しました。

▼画像集が開きます▼

Close
ボブ・ディラン 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png