Huffpost Japan

宇都宮で火災・爆発相次ぎ、1人死亡3人負傷 元自衛官の男性が自殺か(UPDATE)

投稿日: 更新:
印刷
spinner

【UPDATE】2016/10/23 18:15

【これまでに分かっていること】
・宇都宮市内で元自衛官男性(72)の自宅が全焼
・近くのコインパーキングで爆発音とともに、男性の車を含む複数台が燃える
・宇都宮城址公園で少なくとも2回の爆発音。元自衛官が死亡。ほか3人負傷
・元自衛官は「命を絶って償います」などと書かれた遺書のようなものを持っていた。

【詳しく】
10月23日昼ごろ、宇都宮市中心部の宇都宮城址公園の内外で、複数回の火災や爆発があった。公園ではバラバラになった男性の焼死体が見つかったほか、3人が負傷した。

焼死体には遺書のようなものも挟まれていたという。産経ニュースは、男性が自殺を図り、市民が巻き添えになった可能性を報じている。

宇都宮市内ではこの日午前、3件の火災や爆発が続けて起きた。警察は3件の関連を調べている。

■午前11時すぎ

宇都宮市南郊の針ケ谷町にある住宅で火災があり、元自衛官の男性(72)の自宅が全焼した

■午前11時30分ごろ

公園から数百メートル離れたコインパーキングで車両火災があり、爆発音とともに複数台の車が燃えた。共同通信によるとけが人はなかった。

朝日新聞デジタルは、この車が、全焼した民家の住所で登録されていたと報じている。

■午前11時40分ごろ

宇都宮城址公園のベンチで爆発があった共同通信によると「人が燃えている」と119番通報があったという。

utu
爆発で大破したとみられる宇都宮城址公園内のベンチ

公園では、その約5分後に、公園内で2回目の爆発があり、産経ニュースは、バラバラになった焼死体が見つかったと伝えた。栃木県警は、宇都宮市在住の栗原敏勝さん(72)と確認されたと発表した

男性の靴下には遺書のようなものが挟まれ、名前とともに「命を絶って償います」などと書かれていたという

そのほかにも3人が負傷した。

県警の発表によると、けがをしたのは、宇都宮市城東2丁目のパート従業員の男性(64)▽住所不定無職の男性(58)▽宇都宮市内の中学2年の男子生徒(14)。パート従業員の男性は頭や胸にけがを負い、左鼓膜が破裂した可能性がある。男子生徒は右ふくらはぎにけがを負った。

1人は肋骨折れる 中学生も足にけが 宇都宮の爆発:朝日新聞デジタルより 2016年10月23日16時56分)

NHKは、城址公園内にいた男性の以下のような目撃談を伝えている。

大きな音がしました。公園内の駐輪場で3人が倒れていて、1人はベンチのうしろに吹き飛んでいました。付近では火薬の匂いがしました

朝日新聞デジタルは「ベンチは真ん中で折れて、近くの自転車も爆風で倒れていた」として、目撃者の証言を伝えている。

大きな音がして、音の方向を見ると、白いシャツの男性が倒れていた。腹部から出血し、ほぼ動いていないような状況だった

事件当時、公園では、和太鼓や獅子舞、民謡などを披露するイベントを開催中で、大勢の人で賑わっていたが、爆発を受けて中止になったという。

Close
宇都宮で連続火災・爆発(2016年10月23日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド