Huffpost Japan

「60年代のような反対運動を立ち上げろ」マイケル・ムーア、選挙後2日目にやるべきことを訴える

投稿日: 更新:
印刷


2016年10月18日、ドナルド・トランプ氏を題材にした新作「トランプランド」の上映前に、ニューヨークIFCセンターでインタビューに答えるマイケル・ムーア氏(KENA BETANCUR VIA GETTY IMAGES)

映画監督のマイケル・ムーア氏は、トランプ氏が大統領選に勝利した翌日の11月10日、「選挙に負けた今やるべき5つのこと」をFacebookに投稿した。この投稿は現時点で20万人以上にシェアされている。

その翌日、「2日目にやるべきこと」と題して、同氏は次のように呼びかけた。

1. なるべく早く、それも断固たる姿勢で反対運動を立ち上げるんだ。1960年代以降なかったような反対運動だ。

これに関しては、俺も自分のやるべきことをやる。他にも大勢の人たち(バーニー、エリザベス・ウォーレン、MoveOn、ヒップホップコミュニティー、DFAなど)が加わるだろう。この反対運動を動かすのは、「ウォールストリートを占拠せよ」や「黒人の命だって大切だ」運動と同じ、馬鹿げた発言を決して許容せず、権力に抵抗し続ける若い人たちだ。彼らは、人種差別主義者や女性差別主義者を絶対に許さない。

2. トランプを弾劾する準備をしろ

共和党は、ヒラリーが大統領になったら初日に弾劾しようと計画していた。それと同じように、俺たちもトランプが誓いを破って法律を犯した時に、奴を告発するための組織をつくるんだ。そして奴を執務室から追い出そう。

3. 俺たちの求める基準を満たさない人間が、ドナルド・トランプによって連邦最高裁の判事候補に選ばれるのを阻止するための確固たる闘い(必要なら市民的不服従運動も含む)を今始めよう

Citizenz United(右翼団体)を支持する奴や、女性や移民や貧しい人たちの権利に反対する奴が候補になったら、そいつが選ばれるのをあらゆる手段を使って妨害するよう、民主党の上院議員たちに求める。これについては、一歩も譲れない。

4. バーニー・サンダースに謝罪するよう、民主党全国委員会に求めよう

予備選挙が彼に不利になるように仕組んだこと、彼の歴史的なキャンペーンを無視するよう報道を操作したこと、ミシガン州フリントの討論会でクリントンに質問を先に教えていたこと、彼に投票しないよう、年齢や宗教的信条を使って、それとなく年齢差別やユダヤ人差別をしたこと、そして「特別代議員」という誰も選んでいない人間を使って候補を選ぶという、反民主的なシステムを使っていることついて謝るよう求める。

公平なチャンスが与えられていたら、バーニー・サンダースは候補になっていたかもしれない(本物のアウトサイダーで、変化を起こす候補だ)、と俺たちは知っている。彼は人々の心をつかみ、大きなムーブメントを起こして、ドナルド・トランプ氏を倒していたかもしれない。民主党全国委員会は、すぐに謝りたくなかったら謝らなくてもいい。俺たちが民主党を乗っ取ったら(昨日の「やることリスト#1」を見て欲しい)、直接謝罪する。

5. 特別検察官をつくるよう、オバマ大統領に求めよう

FBI長官のジェームズ・コミーは、大統領選の11日前にクリントンの私用メール問題捜査を再開するとを発表した。規範に反するこの行為の背景には、誰がいて何があったのか捜査するんだ。

6. この問題が忘れられないうちに、壊れた選挙制度を変えるために憲法改正をするよう、全国的な動きを起こそう

 1. 選挙人団を消し去ろう ―― 一般投票で決めるんだ

 2. 紙投票のみ ―― 電子投票は廃止だ

 3. 投票日は全員休みにしよう ―― もしくは投票日を週末にする。そうすればもっと多くの人が投票できる

 4. 対立や刑事"司法"制度に関係なく、全ての人に投票する権利を与えよう(接戦州のフロリダやバージニアでは、30〜40%の黒人男性が投票できないようなシステムになっている)

7. オバマ大統領が何年か前にやるべきはずだったことがある。それを今すぐやるよう、彼を説得しよう

ミシガン州フリントに陸軍工兵部隊を送り、汚染された水道管を掘り出して取り替えるんだ。フリントでは何も変わっていない。あそこではまだ水が使えないんだ。

以上、この7つを今日の日没までに終わらせよう。続きはまた明日投稿する…。

▼画像集 (トランプ氏に抗議するデモ)▼

Close
トランプ氏に抗議するデモ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら