Huffpost Japan

キム・ヨナが嫌われて干されていた? 朴槿恵大統領の「陰の実力者」一族から

投稿日: 更新:
KIM YUNA
ASSOCIATED PRESS
印刷

朴槿恵大統領の知人女性による国政介入疑惑は、フィギュアスケート女子選手で2010年バンクーバー冬季オリンピック金メダリストのキム・ヨナも被害者だという報道が話題だ。

KBSは11月19日、大統領の「陰の実力者」と呼ばれていた崔順実(チェ・スンシル)被告の甥で、横領容疑で逮捕されているチャン・シホ容疑者側近のインタビューを放送した。チャン・シホ容疑者は、韓国のウィンタースポーツのトップ選手育成や選考に影響力を持っていたとみられている。

この側近によると、チャン・シホ容疑者が「キム・ヨナは干された」と述べたという。

チャン・シホの側近:(チャン・シホが)、キム・ヨナは干されたと。あの子は文化体育観光省に干されたようなんです。「なぜ?」と尋ねたら「干された。よくないと」。(KBS、11月19日)

KBSによると、文化体育観光省に干された理由は、ヌルプム体操のイベントに参加してほしいという要請をキム・ヨナ側が拒否したためという。

【参考記事】「ヌルプム体操」とは? 韓国・朴槿恵大統領の知人、文化事業で利権あさりか

ヌルプム体操は、文化体育観光省が一般国民を対象に普及を図った体操で、約3億5000万ウォンの予算をかけて製作した。広告プロデューサーのチャ・ウンテク容疑者が事実上、製作を主導した疑惑がある。

キム・ヨナは、このイベントに参加するように求められたが辞退したという。

KBSは、キム・ヨナの所属するエージェント「オール・ザット・スポーツ」の社長が「ヌルプム体操のイベントに参加するよう口頭で提案されたが、当時、キム・ヨナが2018年の平昌オリンピックと、ユース大会の広報で忙しくて(断った)」と証言したことを伝えている。

一方、文化体育観光省の傘下機関の大韓体育会が、韓国のスポーツに貢献した選手や指導者を表彰する「スポーツの英雄」で、2015年の選考が物議を醸したことがある。キム・ヨナは、インターネットの投票で82.3%と圧倒的な1位だったが、年齢を理由に最終選考で落ちた

当時、新政治民主連合(現・「共に民主党」)のユ・ウネ議員は「選考委員会で『年齢が50歳以上の選手を対象にしよう』という意見が出たためだ」とその理由を明らかにし、「最初から年齢制限などの規定を定めてから投票すべきではないか」と批判した。

KBSは「(ヌルプム体操のイベント出席を拒否した後)なぜか2015年の『スポーツの英雄』から外された」と明らかにした。

ハフィントンポスト韓国版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
フィギュアスケート女子フリープログラム画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
関連記事

「ヌルプム体操」とは? 韓国・朴槿恵大統領の知人、文化事業で利権あさりか




朴槿恵大統領を共犯と認定 韓国検察「陰の実力者」と側近を起訴(UPDATE)