Huffpost Japan

トランスアジア航空、22日は全便欠航 墜落事故が相次ぎ経営悪化か?

投稿日: 更新:
TRANSASIA AIRWAYS
トランスアジア航空の旅客機 | Boarding1Now via Getty Images
印刷

台湾のトランスアジア航空は11月21日、同社が運航する全路線を22日に全便欠航すると発表した。フォーカス台湾が報じた。台湾の国内線と国際線、台湾海峡両岸直行便の全便を欠航となる。22日にも臨時の取締役会を開き、今後について説明する見込みだ。

トランスアジア航空の日本語サイトは、日本〜台北路線の欠航について「機材繰りのため」と理由を説明した。すでに予約済みの航空券は全額返金するとしている。

トランスアジア航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。

明日11月22日(火) 日本=台北路線の全便におきまして、機材繰りのため欠航が決定いたしました。

明日のご予約をお持ちのお客様の航空券につきましては、全額ご返金させていただきます。

弊社サイトにてご予約のお客様は日本支社にて払い戻しのお手続きを承ります。旅行会社にてご予約のお客様は、旅行会社へご連絡いただきますようお願い申し上げます。

お客様には多大なご迷惑、ご不便をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

最新情報 | トランスアジア航空 2016年11月21日)


■トランスアジア航空とは?

公式サイトによると、トランスアジア航空は1951年に台湾初の民間航空会社として設立された。国内線を運航していたが1992年からはチャーター便で国際線に進出。日本路線は2008年から運航している。

同社は2014年7月2015年2月に多数の死傷者を出す墜落事故を起こし、経営悪化がささやかれていた。