NEWS

真珠湾攻撃から75年 アメリカを憎悪に駆り立てた戦闘を振り返る(画像集)

2016年12月08日 00時43分 JST | 更新 2016年12月08日 15時47分 JST

太平洋戦争の開戦の火ぶたを切った真珠湾攻撃から、12月8日で75年目を迎えた。

安倍晋三首相が27日に真珠湾で慰霊することが決まり、初めての日米共催の追悼行事も予定されるなど、ようやく「日米和解」ムードが高まっている。しかし、真珠湾攻撃当時のアメリカ政府は「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」のスローガンを掲げて反日感情を煽った。アメリカの世論は、一気に開戦へと傾いた。

現存する貴重な資料から、当時の様子を振り返ってみよう。

真珠湾攻撃の画像集


なぜ真珠湾攻撃は「卑怯なだまし討ち」と言われたのか(画像集)



真珠湾攻撃から75年、歴史家・加藤陽子氏は語る「太平洋戦争を回避する選択肢はたくさんあった」

「戦後70年の価値観が揺らいでいる」歴史家の加藤陽子氏、太平洋戦争からTPPとトランプ現象を紐解く




【お知らせ】

ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/