Huffpost Japan

トランプ氏「Twitter使うのは好きじゃないんだ」...えーっ、どういうこと?

投稿日: 更新:
印刷

ドナルド・トランプ次期大統領が、実はTwitterを使うのは好きではないと主張している。

とても信じられない。

トランプ次期大統領は2009年3月にTwitterを始めて以来、3万4300回以上ツイートしている。大ざっぱに言うと、1日あたり11回以上ツイートしていることになる。トランプ氏はこれまで再三Twitterでアンチから反感を買ったり、有名人をののしったり、自分を非難する相手なら誰でも標的にしてきた

しかし、1月18日に放送されたFOXニュースの番組「フォックス&フレンズ」の司会者エインズリー・エアハート氏とのインタービューで、トランプ氏は「本当はTwitterが全然好きではない」と主張した。

インタビューの一部はこちらで見られる。

報道機関がウソをつかなければ、絶対にTwitterなんて使わなかった。そんな必要はない。でも、実際には報道機関がウソをついているんだ。

2000万人のフォロワーは、彼がすぐにスマートフォンの使用をやめるなんて考えていないだろう。

「ツイートするのは好きじゃない。他にもっとできることがある」と、トランプ氏は述べた。「しかし、メディアや報道機関は本当に不誠実。それに対抗するにはTwitterしかない」

「報道機関がウソをつかなければ、絶対にTwitterなんて使わなかった。そんな必要はない。でも、実際には報道機関がウソをついているんだ」。トランプ氏は付け加えた。「使う必要なんてなかったんだ」

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

▼画像集が開きます
(スライドショーが見られない方はこちらへ)

Close
トランプ氏の歩み
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド