NEWS

狩野英孝、淫行疑惑で謝罪会見 肉体関係を問われ「それは申し上げられない」

2017年01月21日 15時24分 JST | 更新 2017年01月21日 15時24分 JST

kano

oriconnews

狩野英孝、無期限謹慎で“更生”誓う 今後の活動は事務所と相談

写真誌『FRIDAY』(講談社)で現役女子高生との淫行疑惑が報じられた、お笑いタレントの狩野英孝(34)が21日、都内で記者会見を開き、無期限の謹慎処分を受けたことを報告した。

黒スーツ姿で大勢の報道陣の前に姿を見せた狩野は、会見冒頭「ご迷惑、お騒がせして誠に申し訳ありません」と深々と頭下げて謝罪。「ご迷惑をおかけした気持ちでいっぱい。事の重大さを深く受け止める」と涙ぐみながら「謹慎中、しっかりと自分を見つめ直して反省したい。期間はわかりませんが、まだ応援してくれる皆様がいるならば一生懸命、反省して考えて、またみんなが笑ってくれるような環境を作っていきたい」と“更生”を誓った。

引退について話が及ぶと「自分のタレント活動に関しては、それよりも考えることがあるのが事実。これから事務所の方と話していきたい」とし「芸能活動に意欲はある?」と問われると「もちろんです」と答えた。

同誌では、狩野が「ファンで22歳」と名乗る17歳女子高校生とSNS上で知り合い、昨年11月上旬からは、狩野自宅で「半同棲状態」に発展したと報道。狩野は「彼女とは記事にあった通り“22歳”と聞いて知り合いました。その後、友人関係を経て大人としてお付き合いさせていただきました」と説明。恋愛感情はあったが、肉体関係については「それは申し上げられない」と明言を避けた。

狩野は2011年に一般女性と結婚したが、14年9月に離婚。昨年はタレントの加藤紗里(26)と歌手の川本真琴(43)との“二股疑惑”をはじめ、交際中と名乗る女性が次々に現れ“六股騒動”など世間を賑わせていた。

【関係記事】

関連記事

狩野英孝、淫行疑惑で無期限謹慎 謝罪会見で涙「大人としてお付き合い」




狩野英孝の淫行疑惑に、安藤優子「許せない」 番組の差し替えも