稀勢の里、白鵬を破って男泣き 横綱昇進へ【優勝インタビュー全文】

投稿日: 更新:
KISENOSATOTROPHY
初優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長(右)から賜杯を受け取る稀勢の里=22日、東京・両国国技館 | 時事通信社
印刷

大相撲初場所千秋楽の1月22日、大関・稀勢の里(30)が横綱・白鵬(31)を破って有終の美を飾り、横綱昇進を確実なものとした。稀勢の里は土俵際まで追い詰められたが、すくい投げで白鵬を下し、14勝1敗で優勝した。

日刊スポーツによると、稀勢の里は21日に初優勝を決めたことで、横綱昇進を預かる審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)が22日、八角理事長(元横綱北勝海)に、場所後の臨時理事会招集を要請することを明かしていた。

日本出身力士の横綱昇進は、1998年夏場所で決めた3代目若乃花以来19年ぶりとなる。


■優勝インタビューの一問一答

優勝杯を渡された後、稀勢の里は以下のようにインタビューに応じた。時折、感極まった様子で涙をタオルでぬぐいながら「自分の相撲を信じて、また稽古する」と話した。

--おめでとうございます。

ありがとうございます。

--大変な歓声ですよね。

本当にもうありがたいです。

--大関自身がファンの皆さんが待っていました。

随分長くなりましたけど、本当にいろんな人の支えがあって、本当にここまで来れたと思ってます。

--今日はご両親も見つめる土俵でした。最後の一番はどういう思いで臨みました?

もう最後に必死な思いで……。

--初土俵から15年、大関になって5年。何度もチャンスがありました。あと一つを乗り越えられたのは何があったんでしょうか?
よかったです。

本当に一日一番という気持ちで集中して……やってから。(タオルで涙をぬぐう)

--大関という呼び名は最後になるかもしれません。取組の後、八角理事長は横綱昇進の理事会を招集すると発表しました。

そうですね。一生懸命、自分の相撲を信じて、また稽古して。皆さんに良い姿を見せれるように……。

--これだけの皆さんの期待を背負っています。新しいスタートに向けて、ファンの皆さんに是非お願いします。

本当に温かい声援、いつもありがとうございます。力になりました。また、来場所、期待に応えられるように一生懸命頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。

kisenosato
大関・稀勢の里=1月21日、東京・両国国技館

【今週のハフィントンポスト】
▶︎稀勢の里、白鵬を破って男泣き 横綱昇進へ【優勝インタビュー全文】
▶︎原発避難の小学生が「150万円払わされた」→横浜市教委「いじめ認定できない」Twitterでは疑問続出
▶︎トランプ氏をバカにする前に日本人が知らなければいけないこと(ブログ)
▶︎イタリアで雪崩のホテルから子犬3匹を5日ぶりに救出(動画)
▶マドンナ、反トランプデモで訴える「愛の革命にようこそ。絶望してる場合じゃない」(スピーチ全文)