トランプ氏「マドンナはムカつく」 昔は気を惹こうと一生懸命だったけど

投稿日: 更新:
印刷

ドナルド・トランプ大統領は1月26日、FOXテレビのショーン・ハニティ氏とのインタビューで、21日に開催された女性の権利を訴えるデモ「ウイメンズ・マーチ」で歌手マドンナが「ホワイトハウスを吹き飛ばしたい」と発言したことを批判した。

「正直言って、マドンナはムカつく。自分で自分を痛めつけたようなものだろう。あらゆるものを痛めつけた」と、トランプ氏は語った。「彼女が言ったことは、私たちの国にとって恥さらしだ」

マドンナのスピーチでは、暴力を使っても何も変わらないという内容が含まれていたが、シンディ・ローパーはじめ、さまざまな方向からの批判にさらされている。

しかし、トランプ氏のコメントは特に注目に値する 。トランプ氏が大統領だからというだけではなく、トランプ氏は昔からマドンナと何かにつけて因縁があるからだ。

photo
トランプ氏はかつて、自ら広報担当者のふりをして「マドンナが俺とデートしようとした」という噂を広めたことがある。

1991年の『ピープル』誌の記事によると、当時の記者スー・カーズウェルがトランプ氏に電話をかけ、トランプ氏がイタリア人のモデルと付き合うために当時の妻マーラ・メープルズと破局したという噂が本当かどうか確かめたという。数分後、何者かがカーズウェルに折り返し電話をしてきた。その男はトランプ氏の広報担当者で「ジョン・ミラー」と名乗った。しかし、「ジョン・ミラー」という名の広報担当者はいなかったし、実はトランプ氏自身が「ジョン・ミラー」を騙って広報担当者のふりをしていたという。カーズウェルは後にトランプ氏の元関係者と、メープルズ自身に確認して判明した。

トランプ氏は広報担当者のふりをして、カーズウェルが追っていた「メイプルズとの関係を解消した」というニュース を認めた。そしてこの後、マドンナをはじめとする女性たちがトランプ氏を熱烈に追いかけているという、突拍子もない話が飛び出した。

そのインタビュー音声を入手したワシントンポストによると、「ミラー」(トランプ氏)は、カーズウェルにこう話し始めた。「彼女(マドンナ)が電話してきて、トランプ氏とデートがしたいと言ったんです。断言できますが、トランプ氏は彼女にこれっぽちも興味はありませんよ」。

しかし、そのようには見えない。実際は全く逆だ。2014年、雑誌『Time Out』のマドンナのプロフィールが紹介されたページで、マドンナは、アトランティックシティにある「トランプ・プラザ・ホテル・アンド・カジノ」でカメラマンたちにもみくちゃにされた。「ドナルド・トランプを信用できない。話にならない」と、マドンナは怒りを込めていった。

間もなくしてトランプ氏は、マイク・タイソンが出場したボクシングの興行でマドンナに特等席を用意して彼女の「気を引こうと懸命なところ」を目撃された。

そしてそれから約1年半後、マドンナは、『インタビュー』誌で、トランプ氏を「意気地なしでつまらない男」と呼び、将来の大統領をメッタ斬りした。

では、実際に「ムカつく」「恥さらし」なのは誰だろう? 暴力に屈しないように言いながら、文脈を無視してオーデンの詩を引用したマドンナだろうか? あるいは、女性が夢中になっていると噂を広めるために、自分自身の広報担当者になりすましたトランプ氏だろうか? それは読者に決めていただくとして、1991年の『ピープル』誌の記事は、下記のように、この問題を締めくくるのにうってつけの書き出しで始まっている。

興味深い話がある。感動する話がある。そして面白い話がある。そしてただただ奇妙な話がある。先週、ドナルド・トランプは何年にもわたって接近してきた結果、ついに狙いたがわず最後の砦にたどり着いたようだ。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
ウイメンズマーチのマドンナ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png