NEWS

ナオト・インティライミ、数カ月間の旅に出ることを宣言「自分の原点に」

2017年01月30日 22時42分 JST | 更新 2017年01月30日 22時46分 JST
VCG via Getty Images
TAIPEI, TAIWAN - FEBRUARY 21: (CHINA OUT) Singer Naoto Inti Raymi attends Asia Music Connection 2012 press conference on February 21, 2012 in Taipei, Taiwan. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)

世界一周の旅に出た経験で知られるシンガーソングライターのナオト・インティライミが1月31日、公式ブログとTwitterで、再び数カ月間の旅に出ることを宣言した。

ブログによると、ナオトは、音楽活動を続けてきた過去6年間、忙しさの中で、ランキングや売上にとらわれる自身の気持ちのあり方について「音楽に追われているような感覚」と表現。今後の制作活動のために「心を動かしに行ってきます」と発表した。

「ナオトの日」と名付けている7月10日にはイベントを開催し、表舞台での活動を再開させるという。

時間がなかったり余裕がなかったりして、

なんだかね、追っていたはずの音楽に、気がついたら追われているような感覚だったのね。

その違和感を感じ始めてて、、、

あ、あぶない、このままじゃ、心が不健康なままじゃダメだって思って。

きっとだましだまし続けてもいけるんだろうが、それじゃ意味がないなって。

(中略)

自分にとって旅で触れる音楽って、売り上げがどう、ランキングがどうとかではなく、

もっとなんていうかな、、、堅っ苦しいこと言わずに兄ちゃんも一緒に歌おうや!的な、

そこにある音楽、というか。。。

音楽を無邪気に感じる、、、そんな心をもう一度取り戻したくて旅に出たいの。

ちょいと心を動かしに行ってきます。


 
ナオト・インティライミ オフィシャルブログ Powered by Amebaより 2017/1/31)

一方で、旅に出ている期間中は、休養ではなく、曲のアイディアをまとめる期間中と捉えているという。

そんなこんなで、この数ヶ月は旅をしたり曲の整理をしたりしたいと思うの。

でも、休みだとはまったく思ってなくて、むしろ、アクティブな音楽活動かな、と。

LIVEやテレビやリリースのように表だった公に向けての活動ではなく、

もうちょっと裏っかわで、言葉や音と戯れているという時期にしたいと思います。
 
ナオト・インティライミ オフィシャルブログ Powered by Amebaより 2017/1/31)

ナオトは2003〜2004年に約1年半、世界一周28カ国の旅を経験したという。サッカーと音楽によって、現地の人々と積極的に交流した経験を著書にまとめている。2003年10月にパレスチナを訪れた際には、故・アラファト議長の前で「上を向いて歩こう」を歌ったという。

帰国後の2005年4月からナオト・インティライミ名義で活動を開始し、2012年には、第63回NHK紅白歌合戦に出演している。

関連記事

40歳以上の女性ミュージシャンたち