paresuchina

「私はモアハウスの学生として、いや人間として、ガザでの即時かつ恒久的な停戦を求めます」
パレスチナを攻撃するイスラエルへの支持を明確に表明してきたジェリー・サインフェルド氏のスピーチを一部学生が退席した
「ラファで、愛する人や家を失ったことのない人に会った記憶はありません。ほとんどの人はその両方を奪われています。人々は疲れ切っています。食べるものも不足しています。子どもたちは病気にかかっています」
アメリカの優れた報道に贈られるピューリッツァー賞を運営しているのは、約100人の学生などのデモ参加者が逮捕される事態に陥っているコロンビア大学だ。
イスラエルのガザ地区に対する攻撃に抗議する学生を逮捕。56年前、同じ日同じ場所にも警察が突入していました
100人以上が逮捕されたコロンビア大学のデモに他大学も連帯。イスラエルのガザ攻撃に反対した
東京レインボープライド(TRP)2024では、黒い服を着てパレスチナへの連帯を示すという動きがあった。
卒業生総代の学生は「大学はスピーチを中止にすることで、恐怖に屈し、憎しみに報いるだけです」と訴えている
ユダヤ系のジョナサン・グレイザー監督が、アカデミー賞の受賞スピーチでガザに言及。その後業界内で批判が起きていましたが、「言論の自由を抑圧する」などと反論する文書が発表されました。