ライフスタイル

「ペットショップで販売できるのは、保護された猫や犬だけ」サンフランシスコで、新条例が可決される

2017年02月20日 15時00分 JST | 更新 2017年02月20日 20時57分 JST
adogslifephoto via Getty Images
An adorable Chihuahua dog and a pretty gray color tabby cat laying together

「ペットショップで販売できるのは、アニマルシェルターなどで保護されている犬や猫に限る」という新しい条例が、アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコで、全会一致で可決された

この条例の下でペットショップが販売できるのは、動物保護団体を通した犬や猫のみに限られる。また、生後8週間未満の動物の販売は禁止される。

この条例を提案した、サンフランシスコ市管理委員のケイティ・タン氏らは、「動物を愛する人たちは、たとえわずかな時間であっても、自分たちの家族であるペットが汚い檻に入れられている状況に耐えられません。それが1週間や1カ月、時には何年にもわたって続くなんて問題外です。それにもかかわらず、ペットを大規模生産しているブリーダーでは、動物たちがそういった酷い環境に置かれているのです」と地元紙サンフランシスコ・エグザミナーにつづっている。

これまで、ロサンゼルスやサンディエゴ、シカゴ、フィラデルフィア、ボストンといった都市が、ペットショップでの犬や猫の販売を禁止してきた。サンフランシスコも、そういった都市に加わることになる。

認可を受けたブリーダーは、この改正案での影響を受けない。犬や猫の販売が禁止されるのは「非人道的に動物を生産する大規模なブリーダー」だ。

「この条例は、そういった(動物を大量生産する)ビジネスがサンフランシスコに参入することを禁止します。そして、工場で大量生産するかのように、犬や猫に次々と子供を産ませる無責任なブリーダーを、抑止する効果があるでしょう」と、サンフランシスコ・エグザミナー紙に書かれている。

タン氏のFacebook「昨日、保護猫や保護犬以外の販売をサンフランシスコで禁止する条例が全会一致で可決されました。ペットショップで売られている犬や猫たちの多くは、動物たちの健康や福祉を考慮しない環境で、非人道的に大量生産されています」

サンフランシスコの動物福祉団体も、条例を歓迎している。

アニマルシェルター・サンフランシスコSPCA「素晴らしいニュースです!動物保護団体を通した犬や猫のみを販売できる条例を、サンフランシスコの管理委員会が可決しました。タン委員、ありがとう!」

サンフランシスコ・アニマルケア&コントロール「ありがとうサンフランシスコ」

タン氏は「この条例がサンフランシスコだけではなく、カリフォルニア、アメリカ全土、そして世界中に広がって欲しい」と委員会で述べている。

ハフィントンポストUS版に掲載された記事を翻訳・加筆しました。

▼仲良しわんこ&にゃんこ(画像集)▼

仲良しわんこ&にゃんこ


※画像集が表示されない場合は→こちら