NEWS

犬好き社員、歓喜? ビール会社が「犬休」導入、どんな制度?

2017年02月21日 17時28分 JST | 更新 2017年02月21日 17時31分 JST
BrewDog

イギリス・スコットランドのビールメーカー「BrewDog」が2月13日、世界で雇用している約1000人の社員に対し、ユニークな休暇を与えると発表した。新しい犬を飼い始めた従業員に、1週間の有給休暇を与えるというものだ。

同社によると、アメリカにおいて、初めて犬休を導入した企業となった。またイギリスにおいては、醸造会社として犬休を採用したとしている。

USA TODAYによると「BrewDog」はこの制度の狙いについて、新しく飼われた犬が、その家の環境に早く馴染めるようにするためのものだと説明する。一方で、同社は従業員にとって働きやすい企業であるとアピールする目的も兼ねているようだ。

同社の共同創設者、ジェームズ・ワット氏は「仕事をしながら、新しい犬との生活を始めるのは簡単なことではない。そして多くの社員が四本足の友人を家族として迎えている」

「BrewDog」の公式サイトによると、同社は「2007年に2人の男性と彼らの犬によって創業された」。そして、ドッグ・フレンドリーな会社を目指し、従業員の犬同伴での出勤を歓迎している。

▼画像集が開きます▼

びしょぬれになっちゃった犬たち


【フリーランスの「保活」イベント3月1日開催】 ハフィントンポストでは、多様な働き方・預け方について考えるイベントを開催します。フリーランスで働く方、保活に苦労している方、フリーランスの仕事に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらのページからご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。