「たばこ吸っていい?」は本当に気遣いなのか 喫煙マナーに賛否の声

投稿日: 更新:
CIGARETTE
※写真はイメージです | JGI/Jamie Grill via Getty Images
印刷

「吸っていい?」と周囲に断りを入れてから、タバコを吸うという喫煙マナーがある。この気遣いに対してあるTwitter利用者が疑問を投げかけたことをきっかけに、ネット上で議論が巻き起こっている。

非喫煙者だという、とあるTwitterユーザーが2月26日に投稿したのは、こんな体験だ。

タバコを吸ってよいかを尋ねられた場面で、「体調が悪くなるのでやめてほしい」と断ったことが何度かあったという。

ところが、みんなが「1本だけ」「そっちに煙が行かないようにするから」と、吸い始めた。

こうした経験から、「『吸って良い?』はこっちへの配慮ではなく、吸う前のあいさつみたいなもので、嫌がっても関係ない」と綴った。

続く投稿で、「初めから意見を聞く気がないなら、吸って良いか聞かずに、黙って吸い始める方がマシだ」と、形式だけ周囲を気にするような態度を取ることに疑問を投げかけた。

投稿者は、タバコを我慢してもらうのは申し訳ないと思い、勇気を出して断ったが、聞き入れられなかったとして「依存症って相手への思いやりも無くなるんだ」と嘆いているようだ。

この投稿に賛否のコメントが数多く寄せられ、喫煙マナーに対する議論に発展した。

「思いやり以前に最低限のマナーを守ってほしい」「こんな輩が喫煙者のイメージを悪くするのだと思うと殺意が湧いてくる」と賛同する声が相次いだほか、「今までタバコ吸わない友達を喫煙所や喫煙席に付き合わせてごめん」と、自分の経験を振り返り反省する人もいた。

一方で、「一言断りを入れますし相手がNOなら吸いません」と反論する喫煙者もいた。「喫煙者が依存でそうなっているのではなく、単に人間性が養われていないだけだと思います」と、喫煙者全般ではなく個人の問題だとの指摘もあった。

中には、「非喫煙者は大抵『いいよ』と言いながら、内心『いいわけないだろ』と思っているのは分かるし、その茶番がなぜマナーなのかって疑問はある」と、タバコのマナー自体を疑問視する人もいた。「分煙が進むのは嬉しいけど、喫煙自体への批判は他人の趣味にケチつけるのと変わらん」と喫煙者に理解を示す声もあった。


■関連画像集「イギリスの喫煙に関する12の驚くべき事実」

Close
イギリスの喫煙に関する12の驚くべき事実
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら