「子育ては重労働になることもある」 BBCの放送事故で話題の教授が訴えたこと(動画)

投稿日: 更新:
印刷
Live TV gone wrong

When you're live on BBC News giving an important interview, but your kids really don't care... 😂 (Via Newsbeat)

Posted by BBC on Friday, 10 March 2017

イギリスのBBCで自宅から生中継中に、子供が画面に登場する「放送事故」が起きた韓国・釜山大学のロバート・ケリー准教授。

3月15日、釜山で家族とともに記者会見した。

robert kelly busan

ケリー氏はこの日、娘マリオンさん、息子ジェームズさん、妻のキム・ジョンアさんと一緒に現れ、世界的に話題になった放送事故について話した。韓国の公共放送「KBSニュース釜山」がFacebookライブで伝えた。ケリー氏はこの5日間を回想して、以下のように声明を読み上げた。

私の家族は、この映像を愛してくださった方々に感謝を伝えたいと思います。私たちはただ普通の家族であり、2人の子供を育てることは、重労働になることもあります。おそらく全世界の親たちがこの映像を見て共感し、称賛して頂いた理由だと思います。ありがとうございます。私たちは子供たちをとても愛しており、私たちの放送事故で皆さんが笑ってくれてうれしいです。

また、この放送事故を柔軟に、臨機応変に対応してくれたBBCに感謝の意を伝えたいと思います。幼い子供たちをプロならではの技で放送してくれたことに感謝します。特にインタビューのアンカーだったジェームズ・メナンデズさんに感謝を伝えたいと思います。

メディアの皆さん、過去5日間沈黙したことについて申し訳ありません。本当に多くのインタビュー依頼が殺到しましたが、お断りしてきました。先週の金曜日から、大きな関心にどのように対応すべきかどうか分かりませんでした。

だから、私たちは、海外の視聴者向けにBBCとのインタビューに応じることにしました。アメリカ人向けに、ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューを、今日の記者会見を通じて韓国の視聴者たちに感想を伝えることにしました。自宅でインタビューしたいというメディアもありましたが、準備ができていませんでした。来週以降、まだ関心があればお受けしたいと思います。

robert kelly busan

最後に、この映像をめぐる噂と論争について説明したいと思います。

映像に登場した女性は、ベビーシッターではなく、私の妻です。最初に部屋に入ってきた子供は4歳の長女マリオンであり、2番目に入ってきた子供は、9カ月の息子ジェームズです。

よく聞かれることですが、私の妻は子供を部屋から追い出すのに、力ずくではしませんでした。映像で見られるように、妻はインタビューの専門性を守ろうとしたのです。子供たちに怪我はありませんでした。マリオンはこの映像で、韓国語で「お母さん、どうして」と言いました。子供の驚いたような言い方は、私たちが普段は子供を映像のように接していないことを示しています。

私はマリオンを押しのけたのではありません。ただ椅子で後ろに押し戻そうとしただけです。部屋に子供のおもちゃと本があったので、インタビューが終わるまで少しだけでも本を読んでいてほしいと思っていました。

そして、私はズボンをはいていました。一部の人々は、私が立ち上がらないのはズボンをはいていなかったからだろうと言いますが、私はインタビューを中断しないために立ち上がらないことを選択しただけです。

このインタビューは「やらせ」ではありません。このような状況が、事前に仕組まれたものだろうと言う人もいましたが、全くそうではありません。

放送事故直後、妻とはけんかをせず、子供もしかりませんでした。私たちは実際、テレビ局からのインタビュー依頼はもう来ないだろうと思っていました。

最後に、この映像について真面目な社会的分析がありました。私たちは政治的な社会的な分析については何もコメントしません。私たちは、これをとてもオープンな放送事故として見ただけです。

robert kelly busan

声明を読み上げた直後の質疑応答では、妻のキム・ジョンアさんがベビーシッターとして誤解されたことについて「過去にも似たような経験があり、正直、あまり不愉快には思わなかったし、むしろ理解できた。今は多文化家庭(国際結婚の家庭)が増えてきたし、そのような偏見が変化するといいと思う」と述べた。

ケリー氏は引き続き、この放送事故が教授としての信憑性を損なったと思うかと質問され「少し心配はあるが、これにより、私の論文と仕事について、さらに関心を持ってくれる人が多いとありがたい」と答えた。

d

最後にケリー氏は、放送事故で中断された朴槿恵・前大統領の弾劾について、自身の見解を改めて伝えた。聯合ニュースによると、「憲法と法律に従うという原則を守るだけでよい」と、韓国が今後進むべき方向について助言した。

ハフィントンポスト韓国版に掲載された記事を翻訳しました。

Close
2017年、話題の人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
関連記事

大学教授、自宅からテレビ生出演。そのとき子供がパパの書斎に...(動画)