脳とAIを電極で接続、イーロン・マスク氏、新たなスタートアップを設立

投稿日: 更新:
AI
(画像はイメージ) | amphotora via Getty Images
印刷

イーロン・マスク氏に眠るヒマはあるのだろうか?

多分睡眠はとっているだろう。しかし、程度はともかくとして、現在はさらに睡眠時間が削られているだろう。トンネル掘削会社「ボーリング・カンパニー」や、超高速列車「ハイパーループ」は言うまでもないが、テスラ、スペースX、ソーラーシティーといったベンチャーを次々と立ち上げ、すでに手一杯のはずのこの男が、また別の会社を起業した。

マスク氏が今回立ち上げた「ニューラルリンク」は、人間の脳とコンピューターを小型の埋め込み式電極で接続する手法について研究する。

ニューラルリンクのマックス・ホダック氏は3月27日、ウォールストリート・ジャーナルの取材に噂が本物であることを認め、このスタートアップ企業の現状は「胎児期」だと述べた。

ニューラルリンクという会社自体は誕生したばかりだが、収益源と目論むコンセプトは以前からあったものだ。

テック系ニュースサイト「Recode」が主催する2016年Codeカンファレンスでマスク氏は、何らかの「神経の紐」を使って人間とコンピューターが直接つながることの必要性を説いた。そうしなければ、人間はAI(人工知能)のわき役になってしまうという理屈だ。AIの発達は急速に進み、人間はペットと大差ない存在になりそうな気配だ(最良のシナリオ通りに進めば)。

「私は人間が人工知能の飼い猫になるなんてのは嫌ですね」と、マスク氏はカンファレンスで述べた。「そうならない対策の1つはおそらくAI層を人間に加えることなんだろうと ... 第3の、デジタルな層を大脳皮質に取り付ければ、人間とAIがうまく共生できると思います」

この分野は、研究の方も活発に行われている。学術誌「ネイチャー・テクノロジー」に2015年に掲載された論文には、電子の網を注射器で脳に入れる方法について詳細に書かれている。この技術を早期に活用するとすれば、パーキンソン病のような神経変性疾患の治療か、脊髄損傷に苦しむ人々の義肢を制御するために役立てるといったことが考えられる。

「電子回路と神経回路の融合を目指しているのです」と、ネイチャー・テクノロジー論文の共著者の1人で、ハーバード大学のチャールズ・リーバー研究員は、専門誌「スミソニアン・マガジン」に語った。「今すぐというわけにはいきませんが、脳と機械の相互作用の分野で革命を起こせるに違いないと思っています」

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
神秘的な火星写真
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png