NEWS

伊藤博文・刑事部長とみられる遺体発見、自殺か 静岡県警、4月10日から行方不明

2017年04月13日 00時05分 JST | 更新 2017年04月13日 15時01分 JST
静岡県警

4月10日夜から行方不明になっていた静岡県警の伊藤博文・刑事部長(58)とみられる遺体が4月13日、静岡市葵区の山中で見つかった。共同通信などが報じた。

時事ドットコムなどは現場状況から「自殺とみられる」としており、県警は動機などを調べている。

朝日新聞デジタルが12日に県警からの情報として伝えたところ、伊藤部長は10日午後5時20分ごろに勤務を終えて退庁。静岡市葵区の自宅に帰ったが、午後9時ごろに自宅を出たまま翌11日朝になっても戻らなかった。11日に静岡中央署が家族からの行方不明届を受理。約60人態勢で静岡市内を中心に捜索していた。

テレ朝newsは12日、「伊藤刑事部長は10日の帰宅後に家族と口論になり、1人で家を出たという」と報じていた。毎日新聞は「県警は、伊藤刑事部長が個人的な悩みを抱え、自らいなくなった可能性もあるとみて調べていた」と伝えた。

伊藤部長は静岡県警の刑事部門のトップ。県警の公式サイトに掲載されていた伊藤部長のプロフィールは、12日に削除されていた。プロフィールによると、伊藤部長は北海道夕張市出身。静岡県立新居高校を卒業後、静岡県警に採用された。


▼画像集が開きます▼

幕末のイケメン

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちら


伊藤博文さんのプロフィール削除 行方不明の静岡県警・刑事部長
関連記事 伊藤博文・刑事部長が行方不明 静岡県警