NEWS

【トルコ国民投票】エルドアン大統領に絶大な権力を与える憲法改正に賛成多数

2017年04月16日 21時19分 JST | 更新 2017年04月16日 21時21分 JST
Murad Sezer / Reuters
Turkish President Tayyip Erdogan and his wife Emine greet supporters near Tarabya mansion in Istanbul, Turkey, April 16, 2017. REUTERS/Murad Sezer

トルコで4月16日、議院内閣制から大統領制に移行する憲法改正案の是非を問う国民投票が4月16日に実施された。国営アナトリア通信によると、日本時間17日午前9時現在で開票率99.97%となっており、賛成票51.41%、反対票48.66%。賛成が反対を上回ることが確実な情勢となっている。

NHKニュースによると、エルドアン大統領は記者会見で、「トルコは政治制度について歴史的な決定をした」と述べ、憲法改正の実現を歓迎した。憲法改正によって首相職は廃止され、エルドアン大統領は、閣僚の任命や非常事態令の発令の権限のほか、司法にも影響力をもち、名実ともに絶大な権力を握ることになる。

時事ドットコムによると反対派は、高等選挙委が投票開始後に公式スタンプの押されていない票も有効とすると規則を変更したことなどを問題視している。最大野党の共和人民党(CHP)は約250万票について異議を唱えた。クルド系政党の国民民主主義党(HDP)も「私たちのデータでは、票の3~4%が改ざんされたことが示されている」と訴えているという。


■関連スライドショー(トルコ国民投票)

トルコ国民投票


(※開かない場合は、こちらへ)


トルコの憲法改正を問う国民投票は、国の行く末を永遠に変えてしまいかねない