NEWS

山本地方創生相、"大英博物館が学芸員を全部クビ"は事実誤認と認める「若干の記憶違いがあった」

2017年04月20日 22時17分 JST | 更新 2017年04月21日 00時11分 JST
時事通信社

ロンドン・オリンピックの際に大英博物館が建物を改装し、「抵抗した学芸員を全員クビにして大成功した」などと発言していた山本幸三・地方創生担当相が4月21日、発言内容を「訂正しないといけない」と述べた。共同通信が報じた。

西日本新聞によると、山本氏はこの日の会見で「事実と異なる点は訂正しないといけない」と事実誤認を認めた。その上で、「私に若干の時系列で記憶違いがあったようだ」「事実ではなく、反対した人は辞めざるを得なくなった」「英国人の友人に確認した」と説明。「ロンドン五輪後に大改装した、というのは間違い」と釈明した。

毎日新聞によると、山本氏は「英国人の友人から聞いた話に基づき発言した」という。

山本氏は16日、滋賀県で開かれた地方創生に関するセミナーで、大英博物館がロンドン・オリンピックに際して建物を改装したとした上で、「学芸員が抵抗したが全員クビにして大改装が実現した結果、大成功した」などと発言。セミナー終了後にも報道陣に「ロンドンではそういうことがあった」などと述べていた

山本氏は3月9日の参議院・内閣委員会でも、大英博物館は2012年のロンドン・オリンピックに際して大規模な改装が実施されたと説明。その上で、「観光マインドがない学芸員は全部クビにした」と答弁している

一方で、大英博物館の広報担当者は19日、ハフィントンポスト日本版の取材に対し「(山本氏の発言は)明らかな事実誤認です」「大英博物館は、観光のためにスタッフを解雇したことも、根本的な建物の改装をしたことも決してありません」と説明し、山本氏の発言内容を全面的に否定。

山本氏は16日のセミナーで、「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」などと発言し、後に撤回に追い込まれた

【UPDATE】2017/04/21 12:11 

ハフィントンポスト日本版では、山本氏の「事実ではなく、反対した人は辞めざるを得なくなった」という発言内容について、ロンドンの大英博物館に事実関係を問い合わせている。

【UPDATE】2017/04/21 11:43 

内容を更新しました。

▼画像集「大英博物館『ポンペイ展〜ポンペイとエルコラーノの生と死』」▼

大英博物館『ポンペイ展〜ポンペイとエルコラーノの生と死』


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら


山本地方創生相「大英博物館は学芸員を全部クビにした」⇒大英博物館"明らかな事実誤認"と全面否定


「伝統を受け継ぎながら、海外の文化も織り交ぜる」若き継承者が「秩父銘仙」に魅せられた理由[SPONSORED]